前澤ファウンドの審査基準は?パワポの提案書がダメ(低評価)な理由

前澤さんの「前澤ファウンド」企画。

応募者、約4000名で提案が4331件となっています!

すでに、前澤さんがYouTube動画で提案書をみているとしていますが、

その量がすごいですね!

そして、「パワポの資料」の評価を低くしたとお話されていました。

一体、なぜパワポはダメなのか?

また、審査基準について調べてみました!

Sponsored Link

前澤ファウンドの審査基準は?パワポの提案書がダメ(低評価)な理由

10億円の投資を10人に投資。

中には、一人で5〜10点の提案があるそうですね!

なぜ、パワポの提案書はダメなのか?

こんなコメントを意見をみつけました!

前澤さんのインタビューで書かれていたようなとのことで、

ZOZOTOWNはパワポを禁止にしていて、

なぜなら、パワポは作るのに時間がかかる。

その割にプレゼン後の資料として見直しにくく、重要なことが書かれていない。

とインタビューで語っていたとの意見がありました。

前澤さんが動画で話していたことは、

一切、僕はパワポを使わなかった。

なぜなら、相手方に出した時に「目を惹く資料を出したかったから」

デザイン、文字の使い方、イラスト、デザイン全般に気を遣っていた。

パワポのよくある資料は作らない。

私見で、評価を低くしている。とのこと

そして、その他の審査基準をお話されていたのでまとめてみました!

提案書の審査基準

10項目の審査基準があるようです!

①目を惹く資料

いかにわかりやすく、いかに魅力的に書かれているか。ワクワクするか。

②事業の新しさ

事業の新規性、ユニーク、競合関係

③資金の用途

10億円の出資なので、どういうマーケティングに使うのか、

技術の開発などの使い道に言及されていないと0点でつけている。

④事業への想い

提案者の企業家の皆さんの、想いの部分がある方が高く評価している。

 

その他は公開されませんでした!

総合得点でつけて

100点満点で〇〇点以上だと合格

→2次審査へ

2次審査は、前澤さんからの質疑書に答える

400件くらいが2次審査に進めるかもとのこと。

Sponsored Link

前澤ファウンドの審査基準は?パワポの提案書がダメ(低評価)な理由 まとめ

前澤さんは、

これから、若い人の応援をしたい。

お金を出すだけでなく、経験やノウハウや人脈も協力する。

1次審査は、資料

見終わった人に、随時結果を送り始める。

この量だと4月の末までかかりそう。

インターネット

福祉

などの提案もある。

いろんなビジネスから提案があるとお話されていました!

 

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です