堤駿斗の経歴(学歴)は?戦績(強さ)が「井上2世」情熱大陸に出演

3月15日の「情熱大陸」で放送される、

ボクシング選手の堤駿斗さん。

東京オリンピックの金メダル候補と言われています。

また、「井上2世」という声も上がっていました。

果たして、どんな選手なのか?

学歴などの経歴や強さなどを調べてみました!

Sponsored Link

堤駿斗の経歴(学歴)は?戦績(強さ)が凄くてオリンピック金メダル候補

経歴・プロフィール

名前:堤駿斗(つつみ はやと)

年齢:1999年7月12日 (2020年3月時点で20歳)

出身地:千葉県千葉市

身長:171㎝

体重:62㎏

家族構成:3人兄弟の次男

高校:習志野高校

大学:東洋大学

ボクシング:バンダム級

最初は空手をやっていたようですが、小5からお兄さんの影響でスタート!

父親はボクシングの経験者ではないようですが、

ご自宅にボクシングの練習部屋を作成したりと協力。

また、独学でボクシングを勉強して、駿斗さんにアドバイスをしていたとのことです。

駿斗さんが強くなれば、強い相手を探したりと、家族総出でサポートしてきたみたいですね!

意識していることは、「パンチをもらわずに打つ」

このスタイルは、井上尚弥さんを意識しているのでしょうか!

戦績・強さ

国体・選抜大会と全国6冠を達成しています。

2016年:アマチュアボクシング世界ユース選手権(18歳以下)で日本人初の優勝

2017年:アマチュアのナンバーワンを決める全日本選手権で優勝

この高校生での大会制覇は、井上尚弥さん以来の快挙。

なので、「井上2世」と言われています。

ただ、先日のアジア・オセアニア予選では1回戦で負けてしまったので、

オリンピック枠を取れなかったとのことです。

5月のパリで行われる大会でオリンピック枠を目指しています。

細かいタイトルについては下記を参考にしてください!

第70回国民体育大会少年の部フライ級優勝
第28回全国高等学校ボクシング選抜大会フライ級優勝
平成28年度ASBCアジアユース選手権フライ級優勝
平成28年度全国高等学校総合体育大会フライ級優勝
AIBA世界ユース選手権フライ級優勝
第29回全国高等学校ボクシング選抜大会フライ級優勝
平成29年度ASBCアジアユース選手権バンタム級優勝
平成29年度全国高等学校総合体育大会フライ級優勝
第72回国民体育大会少年の部バンタム級優勝
第87回全日本選手権バンタム級優勝
第1回山根杯争奪戦バンタム級優勝
コンスタンチン・コロトコフ記念国際トーナメント57kg級優勝
第89回全日本選手権57kg級優勝

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%A4%E9%A7%BF%E6%96%97

井上さんとスパーリングしたようなので、

それも調べて見ました!

 

Sponsored Link

堤駿斗の経歴(学歴)は?戦績(強さ)が凄い!情熱大陸出演。

井上さんの強さに、若い人もそれに続いていくと良いですよね!!

2029年3月30日にWBA世界バンタム級チャンピオン井上尚弥とスパーリングをしていました。

雑誌の取材で井上さんが

 珠玉の4ラウンドを終えると、井上は開口一番、「日本でいちばん反応がいい」と堤を讃えた。「一瞬も気を抜けない。1ラウンド全部集中していないと。もう、このレベルまで来たら、どっちが集中力があるか。どっちがミスをするか」。そんな駆け引きを味わい尽くすことができる相手を得て、充実しきった様子だった。

引用:https://www.bbm-japan.com/boxing/17262094

と答えており、期待が集まりますね!

情熱大陸にも出演するようなので、チェックして見てください。

まずは、オリンピック枠を取れるように頑張ってください!!

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です