蚊取り線香は赤ちゃんがいても大丈夫?口コミから安心して使えるおすすめを紹介

蚊取り線香は赤ちゃんがいても大丈夫?口コミから安心して使えるおすすめを紹介

暖かい時期に気になるのが「蚊」の存在。

子どもが遊べる公園には蚊が多いし、外出先から帰ってきた時に、ドアから家の中へ蚊が入ってきて嫌になることも多いはず!

蚊から刺されるのを防ぐために、「蚊取り線香」を使う人も多いです。

現在、火をつけて使うタイプや電気で動くタイプなど、様々な種類の蚊取り線香が販売されています。

でも、蚊取り線香は赤ちゃんに使っても悪い影響はないのでしょうか。

赤ちゃんは体温が高くて、大人よりも蚊に刺されやすいため、赤ちゃんが蚊に刺されないか心配になりますよね。

蚊に効くくらいだからなんだか少し心配ですよね・・・

赤ちゃんへの体に影響がないか気になってしまいます。

そこで今回は、赤ちゃんに蚊取り線香は使えるのか、安心して使える蚊取り線香をご紹介します。

Sponsored Link

蚊取り線香の赤ちゃんや妊婦への影響はある?

蚊取り線香は妊婦や赤ちゃんへの影響はありません。

「アースノーマット」シリーズは、妊婦や赤ちゃんのいるおうちでご使用いただけます。プラグ式(液体蚊とり)は妊婦・乳幼児に限らず、閉めきった部屋や狭い部屋で使用する場合は、時々換気をしてください。スプレー式(プッシュ式蚊とり)は薬剤を直接吸い込まないように、噴射する際は噴射する人以外の入室を避けてください。

引用:https://www.earth.jp/nomat/safety/

と記載されているので、赤ちゃんがいる場所で蚊取り線香を使用しても問題ないでしょう。

ただ、どんな成分があるのか気になりますよね。

Sponsored Link

蚊取り線香の種類や成分

蚊取り線香には、除虫菊というキク科の植物が使われています。

これに含まれるピレスロイドが、殺虫成分として活躍しています。

ピレスロイドは害虫の神経を麻痺させて、虫を退治する効果があります。

その一方で、人間の体に入ってもすぐに分解され、短時間で体外へ排出されます。

ほ乳類などのペットも無害とのことです。

虫には効くけど人間には分解されるということです。

例えば、犬にとってチョコレートはあまりよくないですが、人間はチョコレートが食べれるということと同じようです。

このような成分から、安全性が高いといわれています。

もちろん無害とはいえ、過剰に吸い込んだり、大量に食べると体に良くないです!

蚊取り線香の種類ごとに見ていきましょう!

蚊取り線香は赤ちゃんがいても大丈夫?口コミから安心して使えるおすすめを紹介

蚊取り線香の種類

蚊取り線香の種類としては、

・渦巻き型

・プラグ式

・スプレー式

・置き型

・電池式

の5つが主な種類です。

使う場所やライフスタイルにあった商品を選ぶといいですね。

渦巻き型

昔ながらの蚊取り線香といえば、渦巻き型を思い浮かべる人も多いでしょう。

緑の渦巻き型で、蚊取り線香の香りも夏を感じさせますよね。

使い方は簡単で、渦巻きの端に火をつけるだけです。

キンチョーの渦巻き型の商品は7時間も効き目が持続します。

ただし、直接煙を吸い込んでしまうと目やのどの粘膜を刺激してしまうため、赤ちゃんの近くでは焚かないようにしてください。

プラグ式

プラグ式でよく目にするアースノーマットは、中の薬剤ボトルを取り換えられるエコな蚊取り線香です。

すみずみに薬剤を広げるので、部屋の中の蚊を落とし、外から蚊が侵入するのも防ぎます。

無香料タイプがあるので、蚊取り線香をつけているという感覚はなく、普段通り快適に過ごせますね。

スプレー式

スプレータイプは小さいので持ち運びにも便利です。

空間にワンプッシュするだけで、数時間殺虫効果が持続します。

肌にスプレーする虫よけスプレーとは異なるので、くれぐれも人に向けてプッシュしないようにしてください!

使用方法を守れば、電気も電池も火もつかわないため、赤ちゃんがいる家庭でも安心して使うことが出来ます。

アース製薬のスプレー式はワンプッシュすると、蚊に対して12時間効果があるそうなので、本当にお手軽で使いやすいですね。

置き型

置き型は、電気や電池、火を使わないため、場所を選ばず安全に使用することができます。

キンチョーの虫コナーズという製品は、1日24時間使用して30日効果が保たれます。

置き型タイプは、室内に置いたり、屋外や蚊の侵入口に吊るしておくだけで蚊取りや蚊よけになる商品です。

電池式

電池式はコンセント不要で使えるため、置き場所に困りません。

コードで繋がっているわけでもないため、赤ちゃんがいても安心ですね。

また、家の中だけでなく持ち運びにも便利です。

5つの蚊取り線香を比べたうえで、どのタイプが赤ちゃんにとっていいのか、ご説明します。

どのタイプの蚊取り線香が赤ちゃんには良い?

赤ちゃんはなんでも触ったり、口に入れたりすることを考えると、スプレー式置き型の安全性が高いと思われます。

スプレー式の場合は赤ちゃんが部屋に入る前にプッシュしておくことが前提です。

置き型は、赤ちゃんの手が届かないところに必ず置くようにしてください。

赤ちゃんがいる部屋では特に空気を綺麗にすることが大切なので、どのタイプを使うときも、適度に換気をすることを忘れないでくださいね。

最後の方に、赤ちゃんにおすすめな蚊取り線香を紹介しています!

では、実際に赤ちゃんがいても蚊取り線香を使ったことがある人の体験談をご紹介します。

Sponsored Link

赤ちゃんがいる家庭で蚊取り線香を使っている人の体験談

・電池式の物

「2~3ヶ月持つ電池式の物をつかっていました。

特に匂いも気にならず、お部屋に置いていました。」

・除虫菊の蚊取り線香

「もちろん煙が直接当たらないように、網戸のそばなどに置いています。

天然成分なので安全性が高いと聞きました。」

・電気式の物

「電気式の物を家具の高い位置などに置いていました。

子どもへの影響が怖かったので、子どもがいる隣の部屋に置いて、ドアを開けっ放しにしたりしていました。」

 

共通の意見で目立ったのは「赤ちゃんから離れたところで使用する」いう意見でした。

人体に影響がないとはいえ、殺虫成分がやはり気になるところ。

皆さん置き場所を工夫して、蚊取り線香を使っているという事実がわかりました。

蚊取り線香は赤ちゃんがいても大丈夫?口コミから安心して使えるおすすめを紹介

蚊取り線香で影響があった赤ちゃんはいる?

蚊取り線香を使ったことで赤ちゃんに影響が出たという体験談は、見当たりませんでした。

使用方法を守ることで蚊取り線香の人体への影響はないと保障されているようです。

親が十分気をつけて蚊取り線香を使っていることも、安全に使用されている大きなポイントですね。

影響が出やすい赤ちゃん

蚊取り線香の煙を吸い込んだ刺激によって、赤ちゃんが咳き込んだり粘膜が傷ついたりすることがあります。

蚊取り線香の成分、というよりは煙に反応してしまいます。

喘息など呼吸器系の疾患がある場合は煙を吸わないように、十分に注意してください。

このように、蚊取り線香を使うときに気をつけたほうがいい赤ちゃんもいます。

では、赤ちゃんがいる家庭で蚊取り線香を使う時の注意点をまとめました。

 

Sponsored Link

赤ちゃんがいる家庭の蚊取り線香の注意点と使用方法

赤ちゃんに影響はないとはいえ、大人だけの空間で使用するのとは、使用方法が変わってきます。

赤ちゃんにの健康を守るため、次の3点に気を付けてご使用ください。

赤ちゃんが部屋に入る前に使う

蚊取り線香の煙を直接吸い込むと、咳が出たり涙が出たりするもの。

そのため、赤ちゃんが煙を直接吸い込まない環境作りをしましょう。

赤ちゃんが部屋に入る前に蚊取り線香を焚いておき、有効成分を部屋に充満させておくといいでしょう。

赤ちゃんが部屋に来たら使用をストップしてください。

どうしても焚きたい場合は、必ず赤ちゃんから離れた場所に置き、煙が流れていかないように注意しましょう。

蚊取り線香は赤ちゃんがいても大丈夫?口コミから安心して使えるおすすめを紹介

赤ちゃんの手に届かない場所に置く

赤ちゃんはなんでも口に入れ、触って物を確かめます。

やけどしたり誤飲したりする可能性があります。

長く出ているコードも赤ちゃんは大好きです。

必ず赤ちゃんの手が届かない場所に蚊取り線香を置くようにしてください。

誤って口に入れてしまうと大変危険です。

適度に換気をする

蚊が増える夏は、暑くてクーラーをいれるので、窓は閉めたままの家庭が多いでしょう。

窓を開けるともわっとした空気が部屋に入るので、なるべくなら窓は開けたくないですよね。

製品の注意事項にも、換気の良い場所で使用するように書かれています。

煙がでる物だけではなく、プラグ式など他の蚊取り線香も同様です!

蚊取り線香について見てきましたが、特に赤ちゃんにおすすめな蚊取り線香はあるのでしょうか。

Sponsored Link

赤ちゃんにおすすめな蚊取り線香や虫刺され対策

体温がタック汗っかきな赤ちゃんは、大人より蚊に刺されやすい傾向にあります。

デング熱等の蚊を感染源とする病気が発生している今、体力や免疫力がまだ少ない赤ちゃんは蚊から守らなければなりません。

そんな、とてもデリケートな赤ちゃんが使いやすい蚊取り線香と、蚊取り線香以外の虫刺され対策についてお伝えします。

どんな蚊取り線香を使っている人が多いのでしょうか?

赤ちゃんがいる家庭では「天然成分・化学物質フリー・ナチュラル」といった、体に優しい成分の蚊取り線香がマストなようです。

次の項目で、おすすめの蚊取り線香やその他の蚊対策をご紹介します。

蚊取り線香

天然成分のおすすめ蚊取り線香を3つご紹介します!

菊花線香

菊花線香は蚊を殺してしまうのではなく、

虫が嫌がる煙を焚くことで虫を退避させる効果があります。

殺虫成分ではないため、赤ちゃんがいても安心して使えます。

かえる印のナチュラルかとり線香

天然除虫菊100パーセントの蚊取り線香です。

無添加、無農薬、無着色、無化学成分にこだわっています。

赤ちゃんだけでなく、化学成分が苦手な大人にも嬉しい蚊取り線香です。

KATORI

KATORIは除虫菊粉末と植物混合粉だけで作られた蚊取り線香です、

着色料も化学合成物質も使っていないので、素朴な茶色をしています。

安全性が高く、赤ちゃんがいる家庭で使うことができます。

パッケージもナチュラルで可愛いですね。

 

最後のまとめには、火をつかつ蚊取り線香を使用する場合に気になる、消し方と火事についてをまとめた記事をご紹介します。

また、天然成分でも、やっぱり赤ちゃんがいる時には蚊取り線香は使いたくない、という人は別のグッズをうまく使うといいですよ!

どんな方法があるのか見てみましょう。

その他の対策

蚊帳

まだ、赤ちゃんがハイハイしたり立ったりしない時期におすすめなのは蚊帳(かや)です。

寝ている赤ちゃんをすっぽりとおおってくれます。

蚊の他に、エアコンの風やペットなどからも守ってくれます。

小さく折りたためてコンパクトになるアイテムです。

アロマオイル

アロマオイルには殺虫成分はないものの、虫が嫌う匂いがあります。

蚊には、レモングラス・ユーカリ・ローズゼラニウムの香りが有効です。

アロマオイル、精製水、エタノールを混ぜてスプレー容器にいれるだけで簡単に作れます。

衣服や窓辺に吹きかけることで効果が発揮されます。

虫よけパッチ

シールタイプの虫よけです。

シールに虫よけの成分が含まれており、効果が持続する間は蚊をよせつけません。

また衣服に貼れるため、直接肌に触れてかぶれる心配もありませんよ。

こまめに汗をふく

赤ちゃんは体温調節が苦手で、汗をかきやすいです。

自分で汗をふくことができないため、大人がこまめに拭いてあげるようにしましょう。

蚊は汗の臭いにもつられてやってくるため、肌を清潔に保ち、蚊を寄せ付けないようにしたいところです。

Sponsored Link

まとめ

市販の蚊取り線香は赤ちゃんがいるところで使用しても大丈夫です。

ただし、煙を吸い込まないように離れた場所においたり、赤ちゃんが誤って触ったり、食べたりすることがないよう、必ず手に届かない場所に置いて使用しましょう。

化学成分が気になる人は、天然素材の蚊取り線香も販売されているので、ぜひお試しください。

ちなみに蚊取り線香の消し方火事の危険性についてはこちらにまとめています。

蚊取り線香の正しい消し方は?安全に途中で消す方法を紹介

蚊取り線香による火事がかなり危険!火災事例から原因と安全な使い方を紹介

また、蚊取り線香以外にも蚊を寄せ付けない方法はあります。

赤ちゃんに合った方法を見つけて、蚊から赤ちゃんを守りましょう。

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です