LINEの厚労省コロナ対策アンケートは大丈夫(安全)?回答で個人情報が心配?

LINEでは、第1回「新型コロナ対策のための全国調査」と題して

国民の健康状態を把握するため

3月31日にLINE使用者にアンケートを送信する取り組みが決まっていたようです。

で、実際にそのアンケートを受信したという方がチラホラ出てきたのですが、

「LINEで厚労省主催のコロナ対策のアンケート来てるけど、回答して大丈夫なのかな?」

と思われる方もいらっしゃるようです。

たしかに、いきなり送られてきたら少し戸惑って不安になってしまいますよね。

3月31日(火)~4月1日(水)の間の協力を求められているようですが。。

Sponsored Link

LINEの厚生労働省からの新型コロナ対策アンケートは答えて大丈夫(平気)?個人情報が心配?

日本人口1億2600万人の中でLINEの利用者が約8300万人に達するため、今回の調査は事実上全数調査に近いとのこと。

国内にそれなりのユーザー数がいるプラットフォームで

こういったアンケートが容易に行えるのは便利ですね。

利用者数からしても、それなりのデータが取れるのかと思われます。

回答するユーザーの数にもよりますが。

厚生労働省の新型コロナ対策に協力するためとはいえ、やはり不安に思う方もいらっしゃいます。

「LINEアンケート来たけど個人情報抜かれそうだから回答するどうしよ…」

との意見も見受けられます。

LINEの公式サイトには以下のような記載があります。

※調査結果やデータは統計処理されるため、個人を特定できる形で公開されることはありません。また、取得した情報は本目的における分析・調査の終了後、速やかに破棄されます。

参照:LINE公式

しかし、あまり周知されていないので、不安が引き起るのも無理はありません。

回答した方の意見が有効に活用されることを願います。

「LINEで厚生労働省からの体調チェックアンケートきたけど、それもいいけど経済状況のアンケートも取るべき」との声も見受けられました。

確かにそうかもしれませんね…。現金給付の件も先が見えないですし。

ちなみに、この調査は今後も継続的に実施する予定とのことで

2回目の調査は4月5日(日)に実施予定みたいです。

アンケートの最後の方で郵便番号の入力があるのですが、その点についても賛否があるようです。

Sponsored Link

 

偽アカウントには要注意!クレカ番号等があっても入力しないように!

アンケートに協力する際は、公式(本物)のアカウントだと確認してからにしましょう。

公式の見分け方は、上記画像のように左に緑の公式バッチがついています。

このバッチが見当たらなかったら偽アカウントの可能性があるので注意。

間違ってもクレジットカードの入力欄などがあっても入力しないようにしましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です