兵庫県の学校再開の理由や意味は?4月8日以降の休校延長の可能性は?

兵庫県は県立学校を4月8日から再開すると発表しました。

高校などの県立学校は感染者が出ている学区には時差登校などを要請するようですが

20日以降は検討中だということです。

神戸市では小中学校など市立の学校園の再開については、さらに状況を見極め6日に判断するとしているようですが… 

この状況下での学校再開…保護者の方は不安でしかありませんよね。

お隣の大阪府は5月6日まで休校なのに

なぜ兵庫県は4月8日から学校が再開されるのでしょうか。

Sponsored Link

4月8日から兵庫県の学校が再開されるのはなぜ?理由や意味は?

現在の状況下で頑なに学校を再開しようとする理由とはなんなのでしょうか。

学力を上げる目的があるのならオンライン授業という方法も取れるはず。

学校側も混乱しており、 対策が全くとられていないという声も見受けられます。

兵庫県の学校再開の理由は意地?

兵庫県が4月8日から学校を再開する詳しい理由についてはニュースサイトなどを見ても確認することができません。

ただ、ネット上では大阪府に対する意地なのでは?という意見が目立ちます。

確かなことは分かりかねますが、もしそれが学校再開の理由なのであれば、

冷静に休校延長を考え直して貰いたいですよね…。

Sponsored Link

4月8日以降の休校延長の可能性は?

現在、こちらのサイト

兵庫県公立高校休校延長要請の署名を集めているそうです。

こちらのキャンペーンに1人でも多くの方が賛同し、

8日からの学校再開が見直され、休校延長の運びになれば良いのですが…。

子供達の命が関わる状況の中、学校再開の判断は理解できないとの声が相次いでいます。

学習の遅れは努力で取り返すことができますが、命はそうはいきません。

オンライン学習や休校延長など、冷静な判断が下されることを願います。

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です