十万石饅頭のCM|ナレーションや「うまい、うますぎる」が誕生した経緯

埼玉県民になじみのある「うまい、うますぎる」のセリフ。

銘菓、十万石饅頭のCMです。

男性の声のナレーションが耳に残るんですが、誰がやってるんでしょう?

芸能人か、はたまた埼玉にゆかりのある人物でしょうか?

また、印象的なキャッチフレーズが誕生した経緯について調べてみました。

Sponsored Link

十万石饅頭とは

十万石饅頭が誕生したのは、今から60年以上前。

株式会社十万石ふくさやの創業者、横田信三さんが考案しました。

終戦後、故郷の行田市で菓子屋の起業を目指した信三さん。

主力商品としたのが皮がもちもちで、あっさりとした甘さの十万石饅頭でした。

参照:https://ameblo.jp/snow-frake/entry-12534188369.html

最初はあまり売れませんでしたが、男性給士スタイルでの販売が話題になり、

更に昭和54年には、あの印象的なCMが作られ幅広く知られることとなったのです。

ちなみに「十万石」というネーミングは、

江戸時代に行田市一帯を治めていた忍藩の石高が十万石であったことから、

「市の名物になるように」との願いで名付けられました。

Sponsored Link

十万石饅頭のCMについて

十万石饅頭のCMのセリフやナレーターについてです。

声は聞いたことあるけど、どんな人なのか見た事ないですよね。

セリフ

「風が語りかけます。うまい、うますぎる、十万石饅頭」

「うまい、うますぎる」のキャッチコピーは、

版画家の棟方志功が手掛けたもので、短くても印象深いものとなっています。

また、Twitterでは「十万石饅頭のCMの声が、子供の頃なぜか怖かった」という人もいました。

いつから?

昭和54年にテレビ埼玉の開局と同時にCMが生まれました。

そして、現在に至るまでテレビ埼玉で流れ続けています。

ナレーター

ナレーターを務めているのは、声優の野田圭一さんです。

参照:https://www.discogs.com/artist/6028175-%E9%87%8E%E7%94%B0%E5%9C%AD%E4%B8%80

有名声優が多数所属する、青二プロダクションで設立当初から活動。

東映動画アニメに出演、世界まる見え!テレビ特捜部のナレーションなども担当しています。

また、最近ではドラマ「孤独のグルメ」で顔出し出演も果たしています。

渋い低音が特徴の声優さんですね。

【そうだ埼玉】歌手や出演者一覧!埼玉ポーズが誕生した全貌とは

Sponsored Link

十万石饅頭の今までのコラボについて

十万石饅頭は、

・行田市

・映画「翔んで埼玉」

・浦和レッズ

・陸王

 

など、市やエンタメ、スポーツチームとコラボしています。

特に「翔んで埼玉」ではコラボ十万石饅頭が話題に。

一部の人のみが知る存在だったわけですが、コラボによって全国に認知されました。

十万石饅頭はこれからも、じわじわと人気を広めていくことでしょう!

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です