休業要請の理髪店は美容室も含まれる(入る)?対象の違いや線引きは?

緊急事態宣言を発令した場合の東京都の対応案として

休業を要請する施設の一覧が公開されました。

その中には『理髪店』の文字も。

この発表を受けて

「理髪店がダメってことは美容室もダメ?」

という疑問に思う方が大勢いらっしゃいます。

※追記あり

Sponsored Link

【緊急事態宣言】理髪店(床屋)はダメで美容室(美容院)はOK?

やっぱ両方ダメなのでは?という意見もありますが

正直わかりづらいですよね^^;

そもそも理容室と美容室の法律による定義の違いは、理容師法と美容師法による業務範囲の違いだそうで、

理容は頭髪の刈込、顔剃り等により容姿を整えること

美容はパーマや結髪、化粧等で容姿を美しくすること

だそうです。

となると、緊急事態宣言の休業要請施設の線引きの判断材料にはならなそうな気がします。

Sponsored Link

理髪店と美容室の違いや線引きは顔剃りのあるなし?

緊急事態宣言の休業要請施設においての

理髪店と美容室の線引きに対する意見を集めてみました。

理髪店は顔剃りがあるからNGで、美容室はないからOK?と予想する声がチラホラ。

顔剃りは距離感が近いから?と予想している方もいらっしゃいましたが、

理容室の顔剃りと美容室のシャンプーも同じような距離感だと思います。

Sponsored Link

 

1ヶ月間は散髪できない?自分で切るしかない?

https://twitter.com/fukuchan124/status/1247100014125449216

仕方のないことですが

1ヶ月間、理髪店や美容室が休業するとなるとお店ので散髪ができなくなるわけで

そろそろ切ろうかな?と思っていた方はタイミング的にストレスになりそうです。

その場合は自分で切ることも想定しておかなきゃですね^^;

いずれにせよ、休業要請の理髪店には美容室も含まれているのか。

今後の会見でハッキリとしたコメントを頂ければ良いですね。

6日の午後9時半をめどに、小池百合子都知事が臨時の記者会見を行うようなので

そちらで正確な情報が得られるかもしれませんね。

※追記 緊急事態宣言発令後も「理髪店」は営業可能

4月7日に続報が入ってきました。

なんでも緊急事態宣言の発令後も「理髪店」は営業可能とのことです。

これにともない、「美容室」も営業可能になったと

考えて良さそうですね。

Sponsored Link

 

2 件のコメント

  • 山﨑かづ美 より:

    休業要請とは?してもいいの?私は理容室を経営しています。今回理容室はNOで美容室はOKに聞こえます。私はダブル免許美容師の資格も経験もあります。ハッキリ言って理容室の方が衛生的です。それとサインポールを出さずに美容室に見せかけて経営している店が多いです。理容室・美容室共に休業要請とハッキリして欲しいです。要請ですから営業できますよね。

    • さら より:

      全理連から連絡が来ていませんか?
      100平米以下の店舗は対象外です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です