福岡美容院クラスターでも東京は休業要請にならないのはなぜ?協力金は?

今まで理髪店と美容室ではクラスターが発生していない状況などの理由で

東京都の休業要請対象施設に理美容店は含まれていませんでした。

というか、厳密には当初は含まれていたのが、あとから除外されたわけですが。

しかし、福岡県の美容室でクラスター発生の可能性と報道が飛び込んできました。

このことで、東京都の理美容店が休業要請になるこることはないのでしょうか。

Sponsored Link

福岡美容院クラスターでも東京の「理髪店」「美容室」は休業要請にならない理由は?

10日14時の記者会見で、休業要請対象施設について、改めて発表がありました。

やはり、対象施設から「理髪店」「美容室」は休業要請対象施設から除外されるとの発表が。

しかし、そのわずか数時間前に、福岡県の美容院でクラスター発生疑惑の報道が。

…すごいタイミングですよね。

あんなに騒がれていた理美容店で、まさかの休業要請対象施設発表直前の美容店クラスター発生報道。

このことから、10日14時の会見で理美容店については改めて検討するなどの発表があると思われましたが、特に言及はなく、やはり理美容店は休業要請対象施設から除外。

会見とほぼ同時刻のクラスター報道なら仕方ないと思いますが

会見の少し前の報道だったので、都知事の耳にも入っているとは思うのですが…

Sponsored Link

休業要請施設ではないと「感染拡大防止協力金50万円」は貰えない?

こうなってくると、やはり初めから理美容店は休業要請対象施設に入れておくべきだったのでは?

という意見が目立ちます。そう思うのも無理はありませんね。

理美容店で働く方や経営者の不安も募ることでしょう。

となると、お店を休業する場合、店舗自らの判断で自粛をするかどうかの判断が迫られるわけですが…

問題は休業要請対象施設に入っていないと

感染拡大防止協力金が受け取れないんですよね。

休業要請協力金の50万円、または100万円給付の対象となるには

まず休業要請対象施設に入っていることが条件。

つまり、休業要請対象施設から除外されている業種が

自主的に休業したとしても休業要請協力金が受け取れない…。

このことに関しては、記者会見で記者の方が都知事に質問を投げかけていました。

都知事の返答は、「本日(10日)の段階では協力金の対象は休業要請対象施設のみ」とのことで

「休業要請対象施設ではない店舗が感染拡大の観点から自主的に休業の協力をしていただく場合、どのように整理していくのか今後検討していく」とおっしゃっていました。

休業要請が実施されるのは11日から。

今回の福岡県での美容院クラスターを受け、今後理美容店も休業要請対象施設になるよう変更があるのでしょうか。

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です