高橋一生は声優が下手?作品一覧やジブリ出演についても調べてみた

      2019/03/10

 

 

高橋一生さんと言えば、ドラマや映画で活躍中の塩顔イケメン俳優さんですよね!

1990年に上映された「ほしをつぐもの」で俳優デビューをしました。

今では名前を知らない人はいないほどの有名俳優になりましたよね!

そんな高橋一生さんですが、声優としても活躍していた事を知っていましたか?

しかし、声優としての高橋一生さんは「下手」「セリフ棒読み」などと世間から言われています。

でも、実際の実力はどうなのでしょう。調べてみました。

高橋一生のプロフィール

名前:高橋 一生(たかはし いっせい)

生年月日:1980年12月9日

血液型:O型

出身地:東京都 港区

身長:175㎝

高橋一生さんは本名で活動しているようですね!いや~それにしてもイケメンだ…(〃▽〃)ポッ

Sponsored Link

 

声優作品一覧。あのジブリにも出演!?

高橋一生さんは、声優として実力がないと世間から言われています。実際にどの作品のキャラを演じたのか見てみましょう!

ジブリ作品

『おもひでぽろぽろ』 役名なし(三波伸介の真似をしたクラスの男子)

『耳をすませば』 天沢聖司役

その他声優作品

『ディシディア ファイナルファンタジー』 スピリタス役

『キル・ビルVol.1 クレイジー88構成員役

ナレーション

・コニカミノルタプラネタリウム『宇宙に咲く星たちへSongs by Superfly』

・ルーブル美術館展 『肖像芸術‐人は人をどう表現してきたか』音声ガイド

 

1991年に『おもひでぽろぽろ』の声優を少しやったことをきっかけに1995年の『耳をすませば』に抜擢されたのではないしょうか。

当時14歳、『耳をすませば』天沢聖司役を演じて年齢的にもまさにって感じですよね!

爽やかでイケメンな感じは役にピッタリだと思います。

以外にも、声優としての活動は少ないようですね!

ただ、今後もアニメや映画、またはゲーム、ナレーションの仕事は増えてくるのではないかと思います。

高橋一生 声優 下手 作品 ジブリ

高橋一生は声優下手?

『耳をすませば』は誰もが知る、1995年に上映されたジブリ映画の大ヒット作品です。

高橋一生さんは、主要キャラクターの天沢聖司役を務めています。

高橋一生さんがデビューして5年で『耳をすませば』の主役天沢聖司役の声優を行っているのは凄い事なのでしょうか!

しかし、当時はまだ子役時代で無名だったみたいで、ニュースなんかで取り上げられたりなんて事はなかったみたいですね!

でも、高橋一生さんの声だ!と改めて見ると思いますね。

さて、肝心の「実力」ですが、個人的にあまり上手くない。とは思いました。

でも、当時はまだ子役で、声優に抜擢されるだけでも本当に凄い事だと思います。

ジブリ作品に演技の上手い声優さんが多いイメージが元々無いので、違和感もなければ、むしろジブリ作品に溶け込んでいる、役に合っていると思いました。

Sponsored Link

 

高橋一生声優まとめ

いかがだったでしょか?

今回は高橋一生さんの声優としての実力についてお話していきました。

まあ、感じ方は人それぞれなので「下手」と思う方もいれば「上手い」と思う方もいますよね。

しかし、子役時代から演技の才能に目を付けられオファーがあったのは事実ですし、その後も声の仕事をしています。

俳優から声優へという人は多そうですね!その点でいえば、宮野真守さんも同じですね。

こちらは、声優が本業という感じでさすがに凄いですが。

宮野真守の声優歴を作品やキャラをご紹介しながらお話します!

高橋一生さんは声の仕事より、ちゃんと全身を使っての演技(俳優)の方が向いているとは思いますがね。

色んな事にチャレンジするのは素敵です。

今後の活躍も期待できそうです!

アニメ・映画関連↓

がっこうぐらし! 実写化の評価や感想は?炎上した理由についても。

 

Sponsored Link

 



 - エンタメ, ドラマ・映画