山梨県の手作りマスク買取の一定基準とは?母子家庭の対象はいつから?

山梨県の長崎幸太郎知事は20日、一定の基準を満たした手作り布マスクを買い取り、保育所などに無料で配布すると発表したとのニュースが話題になっていますね。

対象となるのは障害者施設の入所者が作ったマスク。その後は母子家庭にも広げるとのこと。

新型コロナウイルスの感染拡大防止と福祉・経済対策の両立を狙うのが目的。

素晴らしい取り組みですね。

この取り組みで、施設の方々や、母子家庭の方の生活に少しでもゆとりが生まれればと思います。

Sponsored Link

山梨県の手作り布マスク買い取りの一定基準とは?

山梨県では、中学1年生の女子生徒がお年玉貯金で作った布製マスク612枚を県に寄贈したことが話題になっていましたよね。

そのことがきっかけとなり、今回の提案に至ったとしたと本当に素晴らしいことですね!

 

一定の基準を満たした手作りマスク…とのことで

今からこの一定の基準とはどのようなものなのかに注目が集まっています。

情報が出たニュース記事にはその基準については具体的に触れられていなかったので

少しでもどこかに情報がないか知らてみました。

まず、この件に関して報道しているニュース記事を見て回りましたが、同じ情報しか記載されていないようでした。

なので、山梨県のホームページになにか情報はないかと検索してみましたが、この件に関する情報は記載されていませんでした。

“買い取り金額や素材、大きさなどの基準の最終調整を進めている”

と記事には記載されているので、決まり次第情報が開示されるかもしれませんね。

Sponsored Link

山梨県手作りマスク布マスク買取の母子家庭の対象はいつから?

それから母子家庭の方がいつから対象になるのかも気になりますよね。

“当面は障害者施設の入所者が作ったマスクを対象とし、その後は母子家庭などに広げる。”

とのことなので、初めは様子を見てその後の判断となるということなのでしょうが

“当面は”というのが少し気になりますね。もしかしたら母子家庭の方が対象になるのは少し先になるのかもしれませんが

大変すばらしい取り組みということでネットでも話題となっているので

この施策が上手くき、スムーズに進んでくれることを願ってます。

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です