NOVA(東京)ストライキはいつを検討?授業は今後どうなるのか

新型コロナウイルスの感染が広がり、政府が可能な限り企業にテレワークを推奨している現状ですが

英会話学校大手のNOVA(東京)が講師に対し

換気の悪い事務所や教室への出勤を求めていることがニュース記事に取り上げられてました。

これに対し、講師がストライキを検討しているようです。

インターネット授業配信のための出勤要請とのことらしいですが…

テレワークじゃダメなのでしょうか(^^;

こうなってくると、生徒さんも今後の授業がどうなるのか不安になりますよね。

Sponsored Link

NOVA(東京)ストライキはいつ?授業は今後どうなるのか

ニュース記事によると、委託契約の講師は休講すると無給で、手数料を課されるようです。

手数料…。これは如何なる理由で休む場合でも手数料が取られるのでしょうか。

これに関しても気になったので調べてみたところ以下のような情報が

この委託契約では、休講時には自分で別の講師を探すか、会社側に調整を依頼する場合は「代行手数料」として1レッスン当たり500円を支払う義務がある。感染拡大で代わりを探すのは難しく、既に1日で3千~4千円を支払い、5万円以上に膨らんだ人もいる。

引用:47NEWS

また、NOVAホールディングスの広報担当者によると

出勤を要請する理由として、『品質を保つため自宅からの配信は今後も実施しないとしている。』とのこと。

このことで、講師らは「罰金で出勤を強要している」と反発し、ストライキを検討しているようですが…

ストライキはいつ頃を検討しているのか。

これに関して深掘りして調べてみましたが

さすがに現時点ではどのニュースサイトにも日程までは明らかにされていませんでした。

あくまで検討している段階とのことで、実際に行われるかは定かではないということでしょうか…。

授業の日程を組んでいる生徒さんは、ここらへん気掛かりですよね。

Sponsored Link

ゼネラルユニオンは過去にもNOVAとのストライキが問題に

実は、過去にも外国人講師ら約50人が加入する労働組合ゼネラルユニオンは

NOVAに対して告発・提訴やストライキで「年次有給休暇制度・雇用保険加入」などをNOVAに認めさせてきたという事例があるようです。

私たちゼネラルユニオンは,結成以来16年,あらゆる国籍の労働者の権利向上めざして,闘ってきました.「日本最大の外国人雇用企業」と豪語するNOVAは,「生徒と教職員を使い捨て」をする最も悪質な企業です.ゼネラルユニオンは,多国籍労組ですが,多言語の労働相談センターでもあります.ユニオンに寄せられる雇用・労働トラブルの苦情は,消費者センターと同じく,NOVAがワースト1でした.

引用:general union

このことに関しては

「NOVAまたやらかしとんのか…」

との意見もネットでチラホラ見受けられます。

 

インターネット授業配信のための出勤要請…

自宅での授業配信では、どの程度品質に支障が出るのでしょうか。

ストライキは実施される運びになるのか…今後の動きが気になりますね。

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です