訪問介護は新卒や介護未経験でも働けるのかを分かり易く解説します。

      2018/11/18

新卒さんや介護未経験の方だと、訪問介護は難しいと思う方が多いのではないでしょうか?

まずは、介護施設でしっかり学んでからの方がいいんじゃないか?訪問介護はお客様と介護士の1対1の仕事だから不安だし…

そういった、一人で対応しなければならないという不安で、訪問介護を選べない人は多いと思います。

介護施設で常に先輩がいる状態で仕事ができた方が安心ですもんね。だから訪問介護は経験を積んでからでないと働けないのか?

いえいえ!そんなことはありませんよ!まずは、介護未経験者が働ける会社を探していきましょう!

Sponsored Link

 

新卒や介護未経験の方が訪問介護で働くための事業所を選ぶポイント

訪問介護士として働くには、初任者研修(以前で言うヘルパー2級)の資格がないと働くことができません。資格と言っても、お金を払って講座に参加すれば誰でも取れる資格です。

週何回コース等で講座期間が異なり、目安は1か月くらいで資格の取得ができちゃいます!

が、そこが問題なんです。仮に1か月の講座で資格を取得したとします。仕事を始め、お客様のお家に入って「さあ、頑張って」と言われても何も出来ませんよね。

それは誰しもそうなります。不安ですよね。ましてや、お客様ごとに疾患や性格、身体状況が異なる上に、生活リズムやお家の中の構造、ケアに使う道具も様々で、実際入ってみないとわからないことがほとんどなんです…(汗)

基本的なオムツ交換や食事介助、移乗介助等の知識は必要なので、講座で習ったことは決して無駄ではありません。しかし、それだけでは難しい事が多いのが現状なのです。

初任者研修の資格を、会社負担で取らせてもらえるところもあります。条件など会社によって様々ですが、そこも会社を選ぶ時のポイントになってきそうですね!

1.理念に共感できる

会社には理念があります。会社の理念に沿って教育や仕事が行われていきます。なので、理念に共感できるところを探しましょう。理念に共感できないと、入社後も辛くなってしまうと思います。

まずは、会社の理念はなんなのか?目指すとところはどこなのか?自分も目指すとこは一緒なのか?よく検討してみてください。

最近はホームページのある会社が多いので、理念をよく読んでみて下さい!

それとワンポイントアドバイス!ホームページがしっかりしてる会社は、しっかりしているところが多いです!

2.入社後の研修体制、同行の長さ

入社後の研修がしっかりしている会社の方が、最初は安心ですよね。

また、実際お家を訪問していく際に、どのくらいの期間先輩が同行して教えてくれるか。会社によって異なりますが、1~3回の会社が多い気がします。

中には、長くて同行が数か月のところもあるため、会社説明会や、面接等でぜひ!質問してみて下さい!

仕事内容が様々なので、2回くらいでよい内容もあれば、4回やっても難しいところがあるため、一概に長ければいいという問題でもないのですが…

新人の時は分からない事だらけで不安でしょうし、研修制度の充実した会社を選びましょう!

3.定期的な面談がある

新卒や未経験で入社すると、慣れるまで不安と疲れで色々な悩みがでてくると思います。そこで、先輩が定期的に面談してくれると、悩みを発散したり、解決することができます。

面談制度というと堅苦しいですが、相談出来そうな雰囲気かが大事なんです!

4.会社の雰囲気

会社によって雰囲気が異なります。若い人が多いか、年配の人が多いかで雰囲気が全然違います!

人間関係は仕事をする上で最も大切ですので、自分に合った雰囲気の会社を探すのが一番です!まあ、それを探すのが大変なんですが…汗

5.働き方

土日休みの会社もあれば、シフト制のところもありますし、時間が早番、中番遅番と3部に分かれているところや、夜勤があるとこ、9:00~18:00など時間が決まっているところと様々です。

自分の働きたいスタイルに合わせると良いですね。しかし、あくまでお客様ありきの仕事です。私たち介護士が行かないと、その人の生活が成り立たちません。

なので、誰かが休んだら誰かがカバーしなければいけない、残業しなければいけない、決まった時間に出社、退社できないという事柄も多々あります。

ちゃんと残業代が出るのか、シフト制なのかなども、面接で聞いてみるといいですね。

6.夏季・冬季休暇が取れる

訪問介護の特徴として長期休みを取るのが難しいとこともあります。お客様が生活しないということはないので、たとえお正月でも、お盆でも仕事はなくなりません。

その為、誰かがやらなくてはなりませんが、夏季、冬季としっかり休める会社も存在するで、調べてみてください。

7.給料、賞与

給料は、夜勤があればもちろん高くなります。あとは、持っている資格の差で異なりますね。基本、責任者になっていくと、役職手当が付くので、お給料は上がっていきます。その分仕事量は増えますが…

賞与はあるのか、給料はどのくらいなのか、面接ではなかなか聞きづらい事なので、事前に調べておきましょう!

ここでまたワンポイントアドバイス!給料が良い所は仕事がハード!

バイトでもそうだと思いますが、給料が高い分忙しかったり、上質なサービスの提供を求められたりするので、ゆっくりと…と思う方は、給料より職場の雰囲気や同行の長さを重視しましょう!

がっつり稼ぎたい!忙しい方がいい!と思う方は、給料の高い所でバリバリ働きましょう!

8.大・中企業と小・ベンチャー企業の違い

大・中企業は支店が多く、支店移動がある所もあります。訪問介護だけでなく、施設も運営していることもあるため、

他の部門にも携われるかもしれません。支店の中には訪問介護、ケアマネジャー、福祉用具と入っているところもあります。また、バイト、社員と人数も多く安定しています。

会社のルールや色々な事がすでにしっかり決まっているので、新しく何かをつくるのは、難しいです。

それに対して、小・ベンチャー企業は、小さいため人数もそれほどいません。誰かが休んだ時のカバーや一人のやることが多いです。その分、意見や案が通り、風通しがよく決断も早いです。

一緒に会社を作っていきたいと思える人はこちらの方が向いています。会社が大きくなっていく過程に携わることができるので、チャレンジしたい人は検討してみてくださいね!

訪問介護 新卒 未経験

介護未経験の私が訪問介護のベンチャー企業に入社しました。

私は、介護業界未経験で今の会社に入社しました。立ち上がったばかりの会社の為、人数は私をいれて5人しかおらず、お客様も全然いませんでしたので、ケアマネさんがいる会社へ営業にまわりました。

まさか、介護士になって営業に行くとは思いませんでした。(笑)営業と言っても、挨拶をして、ここの時間ヘルパーが空いてますと伝えてまわります。

介護の資格は学生時代に取得していた物で、内容など全く覚えていません。入社当時は研修制度はなく、最初は何回か仕事に先輩がついてくれましたが、いきなり一人で行くことがほとんど。

末期がんで認知症があり、寝たきりのお客様がいらっしゃいました。そのお客様のオムツ交換で30分の仕事がありました。いきなり一人で行くことになり、とても困ったのを覚えています。

実際にオムツ交換をするのが初めてだったからです。知識はあっても実践は初めてでした。資格で勉強したことも忘れていたため、YouTubeで検索して復習しました。今の時代は便利ですね!笑

初めて訪問したとき、オムツから大量の便が漏れており、服とシーツが汚れていました。内心はびっくりしてどうしようと焦りましたが、訪問介護なので私一人で対応するしかありません。

まず問題となったのが対処する順番です。オムツもシーツも汚れているため何から手をつければいいか迷いました。30分の仕事でしたが、1時間くらいかかってしまいました。

なんとか無事にオムツ交換と着替え、シーツ交換を終えた時はほっとしました。徐々に回数を重ねていくうちに、手際もよくなっていくのを実感し、最終的には30分で終わるようになっていました。

徐々に信頼関係ができて、「自分の会社が入る日は安心できる。」「私がくるのを楽しみにしている。」とお話しがあったときはとても嬉しかったです。

私の入社時の経験からも、今は長期間同行する体制に変えて徐々に人が定着しています。今では夏季、冬季休暇が取れるまでに成長しました。

まだまだ、課題は山積みですが、皆で解決できるようになっていけばと思い、新卒さんからも意見をもらってより良い会社作りをしています。

 

Sponsored Link

 

訪問介護は新卒や介護未経験でも働ける!

8つほどポイントをご紹介しましたが、実際に見学に行くのが、手っ取り早くその会社を知る事ができます。

インターンシップを行っている会社もありますので、実際の現場を体験してみてください。そこで疑問はどんどん質問していきましょう!訪問介護への不安もなくなるかもです!

もう一つ、介護施設を経験したからといって、訪問介護ができるとは限りません。施設での経験は役に立つことは間違いないです。

ただ、訪問するお家ごとに仕事やケアに使う道具が異なる為、毎回初めての連続なんです。訪問してお客様がいらっしゃらないことも多々あります。介護施設よりも、臨機応変な対応が求められます。

施設と訪問どちらから経験した方がよいということはありませんが、新卒でも訪問介護未経験者でも働くことは十分可能です。その場合、しっかりと会社を選んでいくことが一番大切です。



 - 訪問介護のあれこれ