広瀬すず 朝ドラの主題歌は?脚本やロケ地についてもまとめてみた!

      2020/01/13

NHK連続テレビ小説の第100作目となる『なつぞら』が2019年4月1日から始まりますね!

ヒロインは広瀬すずさんが演じます。

紅白で発表があって皆さんびっくりしていましたが、語りは内村光良さんです!

本人も「半年間自分の声が流れるのかと思うとプレッシャーもありますが…」と語っています。

内村さんの司会や人柄はとても評価が高いですよね!

今回の朝ドラの語りにも注目したいと思います('ω')

「なつぞら」の内容は、戦後の北海道が舞台で、ヒロイン・なつの夢と冒険の物語。

当時は「漫画映画」と呼ばれていたアニメーションの世界に挑戦していくドラマとなります。

出演者も、広瀬すず、松嶋菜々子、藤木直人 、 岡田将生、吉沢 亮 、

安田 顕、音尾琢真 、小林綾子、高畑淳子、草刈正雄など

結構な豪華メンバーなのではないでしょうか。

今回は、「なつぞら」の主題歌や脚本家、ロケ地についてをまとめてみました(^^)/

そういえば、「なつぞら」ヒロインの広瀬すずさんですが、

こんな声もありましたので載せておきますね。

広瀬すずの朝ドラを見ないという声が多数!彼女が嫌われる理由は?

Sponsored Link

広瀬すず 朝ドラ「なつぞら」の主題歌は?

NHK連続テレビ小説の第100作目となる「なつぞら」の主題歌が気になるところですが、

まだ決定していないようですね。

ただ、予想がされていたので見ていきましょう。

今回の舞台は北海道!ってことで、北海道出身のアーティストなんではないかと言われています。

松山千春、ドリカム(DREAMS COME TRUE)、中島みゆき、

GLAY、北島三郎、サカナクション等...

ただ、ドリカムは今の「まんぷく」の主題歌になっているので、連続はないでしょうね!

ただ、北海道出身以外のアーティストの可能性もありますよね。

そのなかではスピッツや嵐という予想があがっています。

私は、「なつぞら」の主題歌は「嵐」なんではないかと(^^)/

いや、、、個人的な予想ですよ!笑

勝手に、「なつぞら」主題歌は嵐なのではないか予想!

「なつぞら」の語りを内村光良さんがすると紅白で発表していた際の、

白組の司会を行っていた櫻井翔さんが「ご縁で僕も少し出さしてもらえないものですか?」

と言っていましたね。

しかも紅組の司会は広瀬すずさんですから、これは主題歌として出演する可能性が高いのでは?笑

嵐の2020年活動休止宣言で話題になってます。

NHK紅白の司会は嵐のメンバーが順に行っているとこだし、ご縁はありそうですね!

また、「なつぞら」ってタイトルからも嵐の歌っぽいという意見もありますね。

確かに...「なつぞら」ってタイトルの嵐の歌がありそうで、調べてしました。笑

この「なつぞら」主題歌が嵐という予想は結構いい線しているのではないでしょうか!

2019年2月20日追記:「なつぞら」の主題歌が決まりましたね!!なんと…

予想は外れてました。(笑)

主題歌はスピッツの新曲「優しいあの子」に決まりました!

タイトルが「なつぞら」ですが、冬っぽいしやがりになったとのこと。

それは、十勝が夏であっても、長い冬を想わずにはいられないとのことらしいです。

十勝や北海道は冬が厳しいですからね、待ちに待った夏って感じでしょうね。

Sponsored Link

広瀬すず 朝ドラ「なつぞら」の脚本は?

脚本家・大森寿美男さんのオリジナル作品となります!

大森寿美男さんは、「泥棒家族」「トトの世界~最後の野生児~」

で第19回向田邦子賞を史上最年少の33歳で受賞しています。

今までの作品は、大河ドラマ「風林火山」、「夜逃げ屋本舗」、

「クライマーズ・ハイ」「悼む人」など数々の作品を手掛けています。

「精霊の守り人」や「悪夢ちゃん」といった、

ファンタジーものを見事に映像化しているということも評価が高いという声が上がっています。

また、安定していると言った評価も多く、外した作品はなし!

とまで言われている実力派の脚本家です。

これは、今回の「なつぞら」について、

大森寿美男さんはNHKの公式サイトでこのように語っています。

連続テレビ小説、朝ドラもこれが百作目だそうです。

これ、あまり意識しないことは難しいかもしれませんが、

百作分の一作をつくることに変わりはないので、ただただ、そこに集中したいと思っています。

しかし、やはり考えてしまいます。

最初に朝ドラをつくった人は、どんな思いを込めてつくっていたのか。

今の朝ドラを取り巻く状況、その未来など想像もつかなかったに違いありません。

太平洋戦争が終わって八年後に日本のテレビはスタートしました。

そこにいたのは、多くの戦争体験者です。

そして、一からテレビの世界を切りひらいていった、彼らは開拓者となりました。

その思いは、世代から世代につながれ、見る人にも影響を与えることで、

無意識のうちにも、今の私たちにまでつながっているはずです。

その中に、朝ドラの歴史もあるのです。

朝ドラの与える影響って結構ありますよね!

大森寿美男さんが脚本の朝ドラ「なつぞら」とても期待できて楽しみですね(^^)/

広瀬すず 朝ドラ「なつぞら」のロケ地は?

舞台は、北海道の十勝地方がメインとなります!

北海道の新得町、陸別町、新得町、陸別町、帯広市 中礼内村がロケ地になっているようです。

しばた牧場の牧草地は新得町、家は陸別町色んなところで分けて撮影しているようです。

十勝は古い建物が残ってなかったようですね!

十勝地方の最北部に位置する陸別町は「日本一寒い町」として知られています!

そんな過酷な寒さの中でも、広瀬すずさんは、スキーに“初挑戦”するなど、

寒さに負けずに撮影されました。

また、広瀬すずさんは撮影の合間に新得町にある

「協同学舎新得農場ミンタル」のカフェで食事をしたことが話題になりましたね!

ここの人気メニュー「クレットオーブン」を食べたようです。

大きいチーズの断面を熱し、そのチーズをドローっとパンの上にのせた食べ物のようです。

放送日が楽しみですね!是非、「なつぞら」を見ながらロケ地巡りをするのも楽しみでしょう!

NHKドラマ関連記事↓

スカーレット 朝ドラの出演者や脚本は誰?あらすじも調べてみた

Sponsored Link



 - ドラマ・映画