神通の動画(映像)あり!ポールアレンのチームが軽巡洋艦を発見!

   

 

ポール・アレン氏の調査チームが、旧日本海軍の軽巡洋艦の「神通」を発見しました!

神通とは…大日本帝国海軍の軽巡洋艦です。「神通」という名前は岐阜県・富山県を流れる「神通川」から付けられました。

「神通」は1943年7月13日、コロンバンガラ島沖海戦にて米艦隊と戦闘して沈没しています。

その神通が、ソロモン諸島の西部州のクラ湾の海底900メートルで発見!

ポールアレン氏チームがその動画を公開していたので、載せておきます!

旧日本海軍の軽巡洋艦「神通」の発見された動画(映像)!

ポール・アレン氏の調査チームが動画を公開!

「神通は」暗闇で先陣を切って、探照灯を照射し味方の攻撃を助けた為、敵の艦隊3隻により2600発くらいの集中砲火を受けて海没しました。

「溶解炉のように燃え続けた」と言われながらも神通は14㎝砲で反撃を続けていたとのことです。

すごいですね…最後の最後まで立ち向かっていくなんて(; ・`д・´)

まだまだ、海底に沈んでいる戦艦があると考えると、なんかこうなんとも言えない気持ちですね。

戦争を経験してない世代なので当時の様子は、歴史や話を聞いたりすることくらいしかありませんからね。

月日が経つと薄れて行きますが、こういったニュースがあると、まだまだ眠っているんだなと考えさせられますね。

Sponsored Link

 

「神通」の映像を見た世間の感想まとめ

「神通」の映像を見た、つぶやかれていた感想をピックアップしてみました!

  • 兵装は比較的良く遺っている感じです。
  • 発見された神通の魚雷発射管の状態がいい
  • 画像を見る限りハッキリと艦橋や砲、魚雷発射管には何本か魚雷も残ってる
  •  艦橋への直撃弾で指揮官が戦死、艦尾への被弾で操舵不能になりながら、沈没する最後まで搭乗員は攻撃を続けていた。 仰角のある単装砲、魚雷が装填したままの発射管は当時の激戦を語るようである 戦没者に合掌

そのまま残っているという声が多いですね!

ポールアレン氏はマイクロソフト社をビルゲイツとと共に創業した人物です。

2015年3月3日には旧日本海軍の戦艦「武蔵」を発見しています。

ポールアレン氏の父親が太平洋戦争に携わっていたことから、戦艦に興味があったようですね!

発見した「神通」はこのまま引き上げられるのでしょうかね?それともこのままそっとしておくのでしょうか?

 

Sponsored Link



 - 生活