白い巨塔 2019年版を見た人の感想や評判(評価)レビューは?岡田准一は配役ミス?

   

白い巨塔の2019年版の放送が終わり、早2日が経ちましたね!

皆さんはあのドラマを見てどう思いましたか??私ははっきり言って、”微妙だった”と思います。

もちろん、賛否両論ある思いますし、今回のドラマが面白かったと思う方もいるでしょうが…私はやはり、過去作の方がよかったと思ってしまいました。

一番印象に強い作品は、やはり「唐沢寿明」さんが主演を務めている時ですね!!(*´Д`)

皆さんは、どの作品が一番好きですか?

しかしながら、今回の「白い巨塔2019年版」を”微妙”と思っている方はどうやら多いようですね…(;^ω^)

それでは、ドラマを見た人の感想や評判を見ていきましょう!!

Sponsored Link

 

白い巨塔2019年版を見た人の感想や評判 まとめ

今思えば、ドラマの放送が決定した時から、評判悪かったですよね(;^ω^)

それも、岡田准一への批判も多かったです。

白い巨塔 岡田准一に批判が!放送日はいつ?他のキャストについても

では、ドラマを見終わった人は実際どう思っているのでしょうか?

感想、評判サイトに書かれているものをまとめました。

財前のキャスティングが残念。芝居が下手過ぎて観てられなかった。しんどい。厳しいかもしれないけど

引用元:ちゃんねるレビュー

 

唐沢版と比べ、女優陣は品と艶が劣り、男優陣はミスキャストが多い。あの頃の矢田亜希子さんは絶頂に綺麗だったなぁ。2クールの表現と比べるのも酷だが、それにしても人の感情の流れが不自然だった。

引用元:ちゃんねるレビュー

 

脚本や演出の狙いがわからない。勧善懲悪の「わかりやすい」ドラマにしたかったのでしょうか。視聴者を馬鹿にしすぎ。
例えばですが、どう考えても、沢尻エリカの愛人役なら、ああなってしまう。それも狙いなのですか。
どの方もお金をもらって仕事しているのだから、もっと真面目に取り組んでほしい

引用元:ちゃんねるレビュー

 

5回の短尺は無理という声が多いようですが、それにしてはプールなど無駄もシーンも多く、そんなものより、もっとしっかりと描き込むべき場面があったように思います。

引用元:ちゃんねるレビュー

 

母親へ電話するシーンでしか泣けない安っぽいドラマ。
人間関係の描写が雑すぎて、主役にまったく感情移入できない。
ニヤニヤしたり柳原のアパートに押しかけるところは、小物の悪人にしか見えなかった。
里見との友人、ライバルという見せ方も弱く、里見に診断受けたり東に手術の執刀を頼んだりするのが不自然。東教授ってミスって血液プシャーしてたよね?
愛人のケイコがお見舞い後「さよなら五郎ちゃん」っていう独り言のセリフはいらないし、財前が鏡を割ったりするのはいらない描写。岡田准一も暴れたり叫んだりの臭い演技するくらいなら、絶食して痩せて病人ぽくしたほうがよかった。

ドラマ全般にBGMも合わなかった。
キャスティングが悪いのか、脚本が悪いのか、すべてが悪いのか...
比較されてる田宮、唐沢白い巨塔を観てみようかな

引用元:ちゃんねるレビュー

 

今回の作品への酷評は皆さん言われる通りだ。色々問題はあるが、特に財前五郎の嫁さん杏子の描写が酷すぎる。あれは原作者の山崎豊子さんなら許すまい。いくらワガママな設定といっても滅茶苦茶過ぎる。
作品としては評価以前のレベルなのだ。話にならない学芸会の劇レベルなのだ。
原作者の山崎豊子先生の尊厳を破壊した監督を含めた製作側は重い反省をしなければならない。視聴率が取れたから無罪放免という訳にはいかない。心ある製作者を自負するのであれば、公式に謝罪してもらいたい。

引用元:Yahoo!テレビ

 

これを単なるドクタードラマとして思えば、酷評されるものでもないようですね。
テレビ局は記念ドラマとして制作しましたが、この原作とファンを甘くみていたのではないでしょうか。
この原作では、今と昔の時代背景がミックスしてしまい、非常に陳腐になってしまいました。
最近は、イケメン俳優や可愛い女優を起用した娯楽ドラマを、遅い時間に垂れ流しています。当然視聴層も若者でしょう。
そこに、あの社会派超大作を五夜連続放送の番宣と多くの番組に出演して番宣すれば、当然視聴者は期待します。
しかし、実際は別物でした。相棒が相棒でなくなり、科学捜査研究所が科学捜査研究所でなくなったように、白い巨塔が白い巨塔でなくなった感じがしました。
今は、テレビ番組は、番組制作会社とスポンサーと芸能事務所の都合のご都合主義でできているとしか思えないほど似たり寄ったりです。
ですから視聴者はがっかりするばかりで、みるものがありません。

引用元:Yahoo!テレビ

 

余りにもマスコミ関係の見え透いたお世辞記事が多くてとても気分が悪くなりました。
ちびマッチョとか顔がデカいとかは本当の事ですし、演技がさほど上手くないのも本当の事なので主役に対する異様なまでの上げ記事はご本人にとっても失礼な事なのではないでしょうか。
例えば同じように身長が低く体格の良い山田孝之が演じていたら評価はまるで違っていたでしょう。
やはり上手い役者さんは原作の意図を理解して演じて下さるのではないでしょうか。
濱田岳も大きくないですが彼の演技力なら同じように素晴らしい財前を演じて頂けるでしょう。
炎上覚悟で作った作品にしか見えず、山﨑先生はきっと泣いていることでしょうね。
これだけの名作をドラマにするには やはり覚悟が必要ではないかと思います。
最初から最後まで「コント!小さかった巨塔」で終わってしまい怒りすら感じます。

引用元:Yahoo!テレビ

 

白い巨塔2019年版 まとめ

いかがだったでしょうか?

ちなみに、私が個人的に面白いなと思った感想がこちらです↓

確かに、シリアスな場面ではCMは控えてほしいですよね(笑)

今回の白い巨塔はかなり評判悪いですが…今後はどうなっていくんでしょうね(;^ω^)

Sponsored Link

 



 - ドラマ・映画