エイプリルフールのルールは?嘘はいつまで(何時まで)でどんなことでもOKなの?

エイプリルフール ルール 嘘 いつまで 何時まで

4月と言えば新生活の始まり、新たな意気込みをもってスタートする人は多いのではないでしょうか?

そんな4月はニュースにも取り上げられるイベントがありますね!そう、エイプリルフールです!

4月1日はエイプリルフール、みなさんもエイプリルフールの「嘘」ついたことがあるのではないでしょうか?

「今日はエイプリルフールでした~」と冗談で笑い合うのは楽しいですが、一方でいくつかの問題点も浮き彫りに…

それは「エイプリルフールのルールから逸脱している」

「エイプリルフールの嘘は〇時まで」とそれぞれの解釈でもめ事に発展してしまうことです。

そもそもエイプリルフールにはルールがあるのでしょうか?

4月1日中であれば「エイプリルフールの嘘」は通じるのではないでしょうか?

今回はその疑問を解決していきたいと思います(/・ω・)/

Sponsored Link

エイプリルフールのそもそもの由来や起源は?なぜ、嘘をつくの?

エイプリルフールというのが4月1日の行事であることは多くの人が認識していると思います。

ですがその由来や起源、そしてなぜ「嘘をつく日」としたのかはご存知ですか?

まずはそこから説明していきましょう。

エイプリルフールの意味

「エイプリルフール」というのは英語で「4月に騙された人」という意味があります。

英語で書くと「April fool」。そう、April=4月、fool=馬鹿者馬鹿にされる人。ということですね。

エイプリルフールという言葉で認識していましたが、英語で書いてみると意味が分かりやすいですね!

ではエイプリルフールの由来や起源は何なのでしょうか。

エイプリルフール ルール いつまで 何時まで

エイプリルフールの由来や起源は

実はエイプリルフールの由来は諸説ありますが、正確なものは今だ解明されていません。

その代わり、最も有力な起源ははっきりとしています。

それはフランスの「グレゴリオ暦」です。

以前のヨーロッパは、3月25日を新年の始まりとし、4月1日までを「新年のお祭り」としてきました。

日本でいうところのお正月ですね。

ですが、1564年、フランスの国王だったシャルル9世は「グレゴリオ暦」を突然採用しました。

これにより、1年の始まりが1月1日とされることになります。

当時フランス市民はこれに反発し、今まで新年のお祝いとしてきた4月1日を

「嘘の新年」としてお祭り騒ぎをしたのが始まりだそうです。

これがエイプリルフールの起源として一番有力とされている話です。

では、嘘の新年だからエイプリルフールに嘘をつくようになったのでしょうか。

なぜ嘘をつくようになった?

グレゴリオ暦が有力な起源とされていますが、他にも起源とされている話があります。

諸説はあるものの、そのどれもが「嘘」に関係する話ばかりなのです。

ですからエイプリルフールには「嘘をついてもよい」

「嘘をついて盛り上げる」という風習になったのだと思われます

そんなエイプリルフール、やみくもに嘘を言っていいわけではありません。

実はルールがあったのです。

 

 

Sponsored Link

エイプリルフールの日本のルール!嘘はいつまで(何時まで)?

エイプリルフールの起源とされるヨーロッパはもちろん、

日本を含めてたくさんの国でエイプリルフールが認知されています。

ですが、国それぞれでエイプリルフールのルールが存在していたのです。

エイプリルフールのルール

各国ルールはありますが、ほとんどの国で共通しているルールがあります。

  • 「人を傷つけるような嘘はダメ」
  • 「嘘をつき返してはいけない」
  • 「午前中に嘘をつく(それ以降はダメ)」

②と③に関しては詳しく後述しますが、①に関しては当たり前のように聞こえるかもしれませんね^^;

ただ「嘘をついていい日」とされていることからつい気が緩んでしまい、

見境のない嘘に発展してしまう事例も…(;^_^A

現代のSNSが発達した世の中では、見境のない嘘が国境を越えたくさんの人に伝わってしまいます。

そして全く関りのない人を傷つけてしまう恐れもあるのです。

嘘をついて良い日ではありますが、「限度」がありますよね。

「ルール」としてうたっていなくても、本来誰もがわかっていなければいけない「常識」ともいえるかもしれません。

そんな常識、わきまえていないと大変なことになってしまいます。

エイプリルフール、SNSでのつぶやきには注意!?

SNSの代表格、Twitter。最近では大手企業もTwitterでエイプリルフールに盛大な嘘をついています。

企業側としては宣伝となり、エイプリルフールをうまくつかっていますよね!

ただ、一般の私たちがTwitterでつぶやくのは要注意なんです!

先ほども言ったように「人を傷つける嘘は言わない」「嘘をつくのは午前中まで」

と徐々にルール化してきている部分があります。

それを知らずに(故意でなくても)エイプリルフールで嘘をついてしまうと結果的に自分を苦しめることに。

ですから、安易なつぶやきには要注意です。

先ほどから言っている、エイプリルフールの嘘は「午前中に」という話ですが、

この午前中というのも徐々に浸透しつつあるルールだそうです。

ではエイプリルフールの時間について少しお話しましょう。

Sponsored Link

エイプリルフールはいつまで(何時まで)?

先ほど後述する、とした「嘘をつき返してはいけない」ということですが、

実はエイプリルフールの嘘が午前中までとされていることに関係しています。

まずはその「なぜ午前中までとされているのか」説明しましょう。

エイプリルフールの嘘が午前中だとされる起源

1654年、イギリスでの王政復興記念日が出来た日の話です。

市民が当日の午前中にオークルアップルという樫の実を身に着けることで王政への誓いをたてていたことから、

王政復興記念日をオークルアップルデーと呼びだしたそうです。

この式典のメインが午前中に行われ、午前中にオークルアップルを付けていないとからかわれ馬鹿にされたそうです。

ただ午後になったらメインの式典も終わっているので、

午後にオークアップルをつけていなくても馬鹿にされなったのだとか。

このことがあり、「馬鹿は午前中だけ」という認識がイギリス国内でされ、世界に広がったとされます。

ではこの話が日本にも広まった、ということなのでしょうか。

日本でも午前中だけなのか

イギリスでの話が起源となっていることはわかったと思います。

ただ実際に日本に広まったのは近年であり、それはSNSが発達したからだともいえるでしょう。

エイプリルフールの嘘が午前中、とTwitterでも話題になりましたが、

その大きな理由はイギリスでの出来事ではないようです。(背景にはあると思いますが)

実は「午前中に嘘をついて、午後にはネタバラシしよう」ということが広まったからなのです。

エイプリルフールはもともと「嘘をついて冗談で笑い合う」というのがコンセプト。

誰かが悲しんだり、一日嘘に付き合わされたりするのは意に反していますよね。

嘘をつき返さない、というのも午前中にしか嘘をつかないため、

嘘をつき返す時間もないでしょ?というところから来たのだとか。

ちなみにこの「午前中だけ」というルールは世界に広がりを見せつつあります。

世界共通の認識になって「午前中」と区切りがあったほうが、楽しめるかもしれませんね!

さて、エイプリルフールのルールにもありましたが、

エイプリルフールでついて良い嘘は何でもよい、というわけではありません。

次はその部分をお話します。

エイプリルフールはどんな嘘の内容でもOK?エイプリルフールでダメ(NG)なことはある?

どんな、というと具体的に出していくのには限界があります。そこで覚えておいてほしいことがあります。

エイプリルフールでつく嘘を考える時に大切なのが「人を傷つけないこと」

「嘘が冗談で終わり笑い合えること」です。

これがわかっていれば必然と、どんな嘘がダメかわかるのではないでしょうか。

さらに言うのならば、「ルールを無視すること」もやってはいけません。

盛り上げようと思った、としてもその嘘で傷つく人がいるかもしれないのですから。

ここまで言えば、何がダメなのか判断できますよね?^^♪

Sponsored Link

エイプリルフールの他国のルール

日本でも多くの盛り上がりを見せるようになってきたエイプリルフール、

他の国ではどんなルールがあるのでしょうか?

中国

実は中国では「エイプリルフールの嘘はNG」!!

なんともエイプリルフール自体を否定してきました。中国当局としては

「エイプリルフールは我が国の伝統文化にそぐわない、

社会主義の中核的価値観にもあわないから慎むべきだ」としているようです!

インドネシア

インドネシアではエイプリルフールが禁止になっているところが多いそうです。

なぜならばイスラム教の方が多いから。

イスラム教では宗教的にエイプリルフールが禁止になっているのです。

食事や行動にも規制が多いイスラム教ですが、

「他人に嘘をついてはいけない」というコーランの一文からそうなっているそうです。

Sponsored Link

イギリス

先ほどのエイプリルフールの嘘は午前中に、というルールを確立させた国と言っても過言ではないイギリス。

そんなイギリスでは「本気で」エイプリルフールの嘘をつくのだとか。

イギリスで有名な新聞The Timesなどでもエイプリルフールに「本当か嘘か見分けのつきづらい嘘」を掲載するのだとか。

国をあげて盛り上げている感じがなんとも楽しいですよね。

ただそんなイギリスももちろん、他人を傷つけることはしない、もうこれは当たり前ですね。

どの国もその国らしいルールがあるようですね。

ちなみに近年では「午前中に嘘をつく」というのが浸透してきたせいか、

「午後まで(一日中)嘘をつく」というようなルールのある国はありませんでした。

そしてもちろん、どの国でも「笑えるエイプリルフールで」という気持ちがあってこそのルールになっていました。

エイプリルフールの主なルールはわかったと思います。

では少し変わったエイプリルフールのルールはあるのでしょうか。

Sponsored Link

ちょっと変わったエイプリルフールのルール

実はフランスのエイプリルフールのルールは少し変わっています。

エイプリルフールには紙に書いた魚の絵をこっそり背中に張り付けるのだそう。

これは「ニシンの釣り放題」と言われるフランスでの、

エイプリルフールの起源とされている話が関係しているようです。

この話がジョークとして今でも残り、エイプリルフールの変わったルールになっています。

エイプリルフールには背中に魚が張ってある人であふれるのだとか。なんとも面白いですよね!

ちなみに日本で変わったエイプリルフールのルールがあるのか調べましたが、なさそうでした。

「行き過ぎた嘘」が簡単に拡散し炎上する世の中ですから、

「変わったルール」をつくる人はいないのかもしれませんね…。        

Sponsored Link

エイプリルフールの詳しいルールは?嘘はいつまで(何時まで) まとめ

エイプリルフールは「楽しく」「冗談で」「笑い合いながら」。

嘘をつくなら午前中に、そしてネタバラシを午後にして、嘘をついた人も、嘘をつかれた人も、

「笑って終われる」エイプリルフールが良いですよね。

たくさんのルールも出来てきてますし、ハメをはずせないな~と思っている人もいるかもしれませんが、

人を傷つけずに笑かしてあげたいその気持ちで嘘をつくのなら、

きっと楽しいエイプリルフールになるはずです!

次のエイプリルフールでどんな嘘をついてみようか、考えるのもちょっと楽しいですよね(*ノωノ)

日本にエイプリルフールがやってきたのは大正時代ともいわれています。

もう100年以上も前のことなのですよね。

せっかく長い間残っている行事ですから、楽しく参加してみるのも良いかもしれません。

筆者も心が「ほっこり」するような、楽しいエイプリルフールの嘘を考えてみることにします。

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です