老眼鏡のかけっぱなしは大丈夫?快適に過ごすための工夫とは

   

手元が見え辛くなって、重い腰を上げてかけ始めた老眼鏡。

こんなに見えるならもっと前から使えば良かった~

なんて思いますよね!

でも、かけている分には快適だけれど、

老眼鏡をかけると老眼が進行するなんて話もチラホラ。

また、手元を見るために使う老眼鏡ですが、

着け外しが面倒で一日着けていたいなんて声も聞きます。

でも、老眼鏡ってかけっぱなしでも大丈夫なんですかね?

ただ、取ったり外したりめんどくさいので、

できればかけっぱなしにするにはどのような老眼鏡が良いのか?

快適に過ごす為に、老眼鏡とどうやって付き合っていくのが良いのか、

詳しく調べて不安を解消しましょう!

Sponsored Link

老眼鏡のかけっぱなしにしている人の声

老眼鏡をかけっぱなしにしている方は意外と多い様です。

なぜかけっぱなしにするのか調べてみると、こんな声が上がっていました。

「ついつい忙しいとかけっぱなしにしてしまう」

「かけたりはずしたりを繰り返すのが嫌でかけっぱなし」

「近視もあるから、いちいちかけ直すのがめんどくさいし、遠近両用にしている」

別名お手元鏡とも言われるぐらい、手元を見るためのメガネという前提の老眼鏡。

ですが、手元を見る毎にかけたり(もしくはかけ直したり)するのは正直面倒くさいのは確かですよね。

手間を防ぐために、老眼鏡単独で使うのではなく、遠近両用レンズを使用してかけっぱなしにしている方もいるようです。

かけっぱなしにしてしまうという声が多数聞かれる一方、

かけっぱなしにするのは不安だという声も聞かれます。

そんな不安点に関して、次で検証していきたいと思います。

Sponsored Link

老眼鏡のかけっぱなしは大丈夫?視力への影響は?

老眼をかけっぱなしにできれば便利だけど、不安だという声も多数聞かれます。

「かけっぱなしにしていると老眼が進む気がする」

「手元から視線を移すとクラクラするし、健康被害が起きそう」

「遠くがぼやけて見える。老眼鏡のかけっぱなしで近視になるんじゃないか」

どれも、なんだか信憑性がある気がします

ひとつひとつ見ていきましょう!

老眼鏡はかけっぱなしにしていると老眼が進む?

これは、No!だそうです。

老眼は老化現象のひとつで、年齢と共に進行するもの。

老眼鏡によって左右されることはないそうです。

老眼鏡のかけっぱなしは大丈夫?快適に過ごすための工夫とは

老眼鏡をかけっぱなしにしているとクラクラする?

老眼鏡をかけたまま、遠くを見たり歩くとクラクラするというのは、

老眼鏡をかけることで、近くの物に焦点が合うようになっているからです。

そのため、遠くの物はぼやけて見え、

普段との見え方の差からクラクラするのだと思われます。

また、見え辛いまま過ごしていると、

眼精疲労から頭痛や肩こりにつながると言われています。

老眼鏡をかけずに無理することも、

老眼鏡をかけっぱなしで遠くの物を見ようとするのも、

あまり健康には良くなさそうですね

遠くも近くも見られる多焦点レンズを用いた老眼鏡もありますが、

こちらは使いこなせるまで少し慣れが必要だそう。

こちらを使用している場合は、

まだうまく使いこなせていないための症状かもしれません。

老眼鏡のかけっぱなしは大丈夫?どんな工夫をしているの?

老眼鏡をかけっぱなしにしていると近視になる?

これは、根拠のない都市伝説です。

もしかしたら老眼鏡をかけたまま遠くを見て、

ぼやけるから近視になったと勘違いして出回った話なのかもしれませんね。

これは、老眼鏡で焦点を近くに合わせる様にしているためで、

老眼鏡を外せば遠くも綺麗に見えますよ!

老眼鏡をかけっぱなしにしていても老眼の度が進んだり、

近視になることはないという事が分かりました。

しかし、近くを見る専用の老眼鏡をかけっぱなしで生活していると、

目には負担がかかるようです。

かけっぱなしにできる老眼鏡 について調べていきましょう!

Sponsored Link

かけっぱなしでも大丈夫な老眼鏡は?

かけっぱなしにできる老眼鏡は、

多焦点レンズを用いた両用メガネというものになります。

どういう仕組みになっているかというと、

レンズの上下で焦点の合う距離を変えていて、

用途に合わせて視線をずらして利用するものになります。

そのためどうしてもぼやけてしまったり、

歪んで見えたりする領域が出るなど、慣れが必要なレンズだそうです。

また、両用メガネも3種類ありますので、その特徴について触れていきます。

老眼鏡のかけっぱなしは大丈夫?どんな工夫をしているの?

遠近両用メガネ

遠方、中間距離、手元の3つともが見える様に調整されたレンズです。

かけたまま生活することを想定して作るメガネなので、

車の運転をしながらナビを確認もできますし、

テレビを見ながら新聞をチェックをすることもできます

ただし、一番広範囲をカバーできるレンズなだけに、

使い方にはコツがあり慣れが必要になります。

近中両用メガネ

2mほどまでの中間距離と手元が見える様に調整されたレンズです。

室内用メガネとも呼ばれ、事務仕事でパソコンや書類を見るだけでなく、

室内で忙しく動き回るお仕事時に重宝されるものだそう。

その他、家で過ごされる方にもちょうど良いメガネだそうです。

遠方は見え辛いため、車の運転には向きません。

遠近両用に比べると、視界の歪みは少なくなります。

近々両用メガネ

近い所を見るためのレンズです。

近い所だけなら単焦点レンズでも良いのでは?と思われがちですが、

単焦点レンズだと、PCのキーボードに焦点を合わせると、

モニター画面は良く見えないなどといった不便な点が出てきます。

それが近々両用メガネを使用すると、解消できるんです!

手元の資料とPC画面と使用する際にも、

メガネを着け外ししないでも快適に見えるそうで、

デスクワーク用レンズとも呼ばれています。

多焦点レンズでは、もっとも歪みの少ない視野になります、

 

ライフスタイルに合った両用メガネを使用することで、

かけっぱなしでも、とっても快適に過ごせそうですね!

では、実際に老眼鏡を使っている人がしている工夫とは、どんなものでしょうか?

Sponsored Link

老眼鏡を使っている人はどんな工夫をしている?

老眼鏡を使っている人は、どんな工夫をしているのでしょうか。

体験談を調べたところ、快適に過ごしているという人は、

自分の生活に合ったものを準備しているようです。

「老眼は進むものと認識して、専門店で定期的に検査して丁度良い遠近両用メガネを使っている」

「車の運転はしないので、近中両用で度を弱めに作ってもらい、お買い物や散歩もかけっぱなしで過ごしている」

近視や乱視もあったり、眼鏡が生活に欠かせない人は、

多焦点レンズの両用メガネにしてかけっぱなしの人が多い様です。

今の老眼鏡はおしゃれにできているものが多いですね!

また、定期的に検眼することが、快適に過ごせるコツの様ですよ!

また、かけっぱなしではなくその都度かけ外しする人は、

どこに置いたか忘れてしまうという問題もある様で、

「家、会社、車と、あちこちに同じ老眼鏡を置いて不便がないようにしている」

という声も見かけました。 

そうすることで、失くすのが嫌だからという理由でかけっぱなしをしなくてはいけなくなる事を防げるそうです。

 

Sponsored Link

まとめ

老眼鏡をかけっぱなしにしていても、

れが原因で老眼が進んだり、近視になったりすることはないという事が分かりました。

ただし、用途に合わない眼鏡を着け続けることは眼精疲労につながります。 

かけっぱなしにできる多焦点レンズのメガネを使用するなど、

ライフスタイルに合わせた眼鏡を使用して快適に過ごして下さいね。

最近では100円均一で老眼鏡も売ってますよね!

そちらについても、調べてみました。

老眼鏡は100均でも大丈夫?メリットとデメリットを口コミから徹底比較!

安いからどうなのかな?

と疑問に思ったので調べてみました。

自分に合った老眼鏡を使うのが一番ですね!

Sponsored Link



 - 生活