赤ちゃん連れのカラオケは何ヶ月から大丈夫?安全に楽しむ注意点とは

   

赤ちゃんのお世話や家事に追われ「たまには息抜きがしたい!」

そう思っているママも多いのではないでしょうか?

ストレス発散方法の一つにカラオケを選ぶ人は多いですが、

「赤ちゃんを誰かに預けることもできない…

かといって赤ちゃんをカラオケに連れて行ってもいいの?」

と悩んでしまいますよね。

ここでは、赤ちゃんをカラオケに連れて行くなら何ヶ月頃からなら大丈夫なのか

赤ちゃん連れのカラオケを楽しむ方法などをご紹介します。

Sponsored Link

赤ちゃんとのカラオケはみんないつから行ってる?体験談や意見

実際に赤ちゃん連れでカラオケに行っている人は、いつごろから行っているのでしょうか?

生後5ヶ月

お座りができるようになったので、キッズルームのあるカラオケに行きました。

キッズルームにはオモチャもあるので子供はオモチャで楽しく遊んでいました。

引用:https://honokichi.com/entry/2019/02/04/014537

3ヶ月

生後3ヶ月の時に夫とキッズルームのあるカラオケ店に行きました。

1時間滞在し、子供はいつもと違う雰囲気にニコニコしていて、

夜泣きもなくいつもと変わらず過ごしていました。

2ヶ月頃

音量を小さくしてベビーカーに乗せたまま2時間滞在しました。

個室なので授乳もでき、ランチも食べられました。

引用:http://mamastar.jp/bbs/comment.do?topicId=2177106

早い人は生後2ヶ月で連れて行った人もいましたが、一番多いのは2才前後でした。

また、赤ちゃんをカラオケに連れて行くことに対し否定的な意見もあります。

赤ちゃんを不衛生な場所に連れて行くべきではない

カラオケは不特定多数の人が利用する場所です。

そういった場所に赤ちゃんを連れて行くのは、

衛生的に考えて非常識だと考える人も多いです。

カラオケの音量で赤ちゃんが難聴になったらどうするの?

カラオケの大きな音量によって、赤ちゃんに悪影響がでることを心配する人はかなり多いです。

そのため「赤ちゃんをカラオケに連れて行くなんて非常識だ!」と言う人もいますが、

そもそも赤ちゃんをカラオケに連れいくこと自体に問題はないのでしょうか?

また、連れて行くなら何ヶ月ごろがいいのでしょうか?

Sponsored Link

赤ちゃんとのカラオケはいつから(何ヶ月から)なら大丈夫?

カラオケ店には年齢制限が設けられており、

18時以降16才未満は使用禁止。22時以降18才未満は使用禁止とされています。

しかし、日中のカラオケは年齢制限がされておらず何歳でも利用OKということなので、

月齢にかかわらず赤ちゃん連れでカラオケが出来ます。

ですが、赤ちゃんはまだ体が未発達ですので、

大きな音のするカラオケは刺激が強すぎ長時間利用すると、

赤ちゃんの体に大きな負担をかけてしまいます。

そのため、赤ちゃん連れでカラオケにいくなら月齢にかかわらず、

長時間利用は避け1時間程度で切り上げましょう。

また、赤ちゃんを安心してカラオケに連れて行ける月齢は早くても生後5~6ヶ月頃です。

この頃になると体がしっかりとし、

お座りもできるようになる頃なので安心ですし、

授乳の間隔も長くなる頃なのでママも多少は落ち着いてカラオケが出来ます。

ただ、1才前後までの赤ちゃんは目についたものは何でも口に入れてしまい目が離せないため、

本当に安心してカラオケを楽しみたいのなら2~3才頃です。

しかし「2~3歳になるまで待てない!」という人も多いですよね。

もし、0歳の赤ちゃんをカラオケに連れて行くとどのような悪影響があるのでしょう?

Sponsored Link

赤ちゃんをカラオケに連れて行って悪影響はない?

赤ちゃんをカラオケに連れて行く際に気になるのが、赤ちゃんの耳へ悪影響がないかです。

0歳の赤ちゃんの聴力はまだ未発達で、

大きな音を聞くと聴覚神経にダメージを受けることがあります。

カラオケのような大きな音を聴き続けると

「音響外傷」という突発性の難聴になる可能性もあり、

難聴は発音にも影響するといわれているので、

今後の赤ちゃんの成長に悪い影響を与えることになります。

実際に赤ちゃんとカラオケに行き、カラオケが原因で赤ちゃんに難聴など悪影響があった!

という口コミやブログなどは確認できませんでしたが、

月齢の低い赤ちゃんほど悪影響はでやすくなるようです。

また、耳に悪影響がなかったとしても音の刺激により頭痛、

嘔吐などをする可能性や夜泣きが悪化する可能性も考えられます。

赤ちゃんとのカラオケを安全に楽しむための注意点

赤ちゃんとカラオケを楽しむために以下の事に注意しましょう

音量やマイクの音を下げる

赤ちゃんの耳への影響も考えて「ちょっと物足りないな…」と感じるくらいの、

会話が普通に聞き取れる程度の音量で歌うようにしましょう。

スピーカーから離れた場所へ座らせる

せっかく音量を下げてもスピーカーの近くにいては意味がありません。

出来るだけスピーカーから離れた場所に座らせましょう。

衛生面に注意する

カラオケは不特定多数の方が利用していて、

掃除が行き届いていない場所もあり不衛生な場所が多いです。

除菌用のウェットティッシュやスプレーを持参し、

赤ちゃんの座る場所や触るものは拭いておきましょう。

キッズルームのあるカラオケを利用する場合も、

オモチャが汚れていたり小さなパーツのあるオモチャもありますので誤飲に注意してください。

座る場所はドアから離れた場所にする

従業員が突然ドアを開けることもあり危険ですので、

ドアから離れた場所に座らせるようにしましょう。

キッズルームがある店に行く

キッズルームのあるカラオケならオモチャもありますし、安全面でも安心できます。

ただ、キッズルームのあるカラオケは多くないため、

予約なしで行くと入店できないこともあるので予約をしておきましょう。

私は以前、某カラオケ店で勤めていましたが、

キッズルームは人気が高く、予約しないと入れない・・・

もしくは時間が限られてしまうケースが多くありました!

ちなみに、予約をしておくと、入念に清掃出来る時間を確保出来る為、

お子様への衛生問題も、緩和されると思います!

キッズルームのあるカラオケ店がない場合は、フラットルームのある店を選びましょう。

ハイハイの赤ちゃんが自由に動くことができますし、椅子から落下する心配もなくなります。

耳への影響が心配なら赤ちゃん用のヘッドフォン・耳栓を使う

0歳から使えるヘッドフォンも販売されているため、

赤ちゃんの耳への影響が心配という人はヘッドフォンや耳栓を使うという方法もあります。

ただ、赤ちゃんによってはヘッドフォンを嫌がる子もいるので、

嫌がるようなら無理に使わないようにしましょう。

Sponsored Link

赤ちゃんを連れて行きやすいカラオケボックスはここ!

赤ちゃん連れでも行きやすいカラオケボックスをご紹介します。

シダックス

シダックスのキッズルームには様々なオモチャが用意されており

部屋に設置されているソファーも高さが低くなっているので安心です。

ラウンドワン

キッズルームは禁煙で、オモチャも完備されています。

店舗によりキッズルームの内装が違いますが、

怪我防止のために椅子などを設置していない部屋もあります。

カラオケ コート・ダジュール

完全個室で広々とした部屋には滑り台やオモチャなども完備。

子供も喜ぶランチメニューもありママ会にもおすすめです。

Sponsored Link

まとめ

赤ちゃんがとカラオケに行くのは非常識なのか、

赤ちゃんの耳へ悪影響がないか心配だけど息抜きがしたい!

そんな風に考えている人は多いです。

カラオケという環境やイメージで「赤ちゃん連れは非常識だ」という人も必ずいますが、

赤ちゃんを連れて行ってはいけない場所ではありません!

小さな音量にして短時間楽しみ、リフレッシュして育児を頑張ろう!

という気力がでるのなら上手に利用してみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link

 



 - 生活