東京都内のどんど焼きおすすめスポット!参加するときの注意点や燃やすもの

お正月飾りなどを焼く日本の伝統行事「どんど焼き」。

どんど焼きの火にあたり、お餅を焼いて食べることで一年間健康でいられるように祈る行事です。

ですが、東京都内ではどんど焼きの開催場所が少ない様子

その理由は江戸時代に火事に悩んだ徳川幕府がどんど焼きを禁止したことから始まっているようです。

では、その貴重な東京都内のどんど焼きはどこで行われているのでしょうか?

「お正月飾りを焼くといっても、全部持って行っていいの?」

「焼いちゃダメなものってあるの?」

といった疑問もありますよね。

今回は東京都内のどんど焼きおすすめスポットと、

焼いていいものダメなものなどの注意点をお伝えします。

Sponsored Link

2020年東京でどんど焼きができるおすすめスポット

さっそくですが、2020年に東京都内で、

どんど焼きができるスポットをまとめましたのでご覧ください!

ご自宅から近い場所を探してみてくださいね。

鳥越神社(台東区)

都内で最も有名などんど焼きスポットです。

江戸では防火のために禁止されていたどんど焼きですが、

こちらの鳥越神社だけが許されていました。

火の周りを子ども達が「トンドヤトンド」と掛け声をかけ、

地面を青竹で叩いてまわります。

そのため鳥越神社では「とんど焼き」と呼ばれているそうです。

炎と煙が高くあがり、見ごたえ満点です!

青竹で吊るした餅を火で焼いて、お餅をいただくこともできますよ。

毎年1000人程の人が集まります。

 

日時:2020年1月8日(水) 13:00~

場所:鳥越神社 東京都台東区鳥越2-4-1

アクセス:

地下鉄「蔵前駅」から徒歩5分

JR「浅草橋駅」から徒歩8分

大江戸線「新御徒町駅」から徒歩10分

近隣にコインパーキングあり

多摩川河川敷(世田谷区)

地域の方々が半日かけて高さ15メートルにも及ぶ独自のやぐらを組み、

正月飾りを焚き上げます。

やぐらが燃え落ちたら、竹竿に吊るした「お餅焼き」が始まります。

どんど焼きの火で焼いたお餅を食べると「その年は無病息災になる」と言われているので、

ご家族でお出かけする方も多いようです。

来場者には甘酒とお神酒が振舞われるのが恒例となっています。

毎年2500人が訪れる多摩川河川敷のどんど焼きは、関東でも大規模などんど焼きの一つです。

日時:2020年1月12日(日)11:00頃~

場所:東京都世田谷区鎌田1(二子玉川緑地運動場:水辺の楽校原っぱ付近)

アクセス:

東急田園都市線「二子玉川駅」から徒歩15分

駐車場あり(土日祝のみ100円/30分)

花園神社(新宿区)

新宿区の中心にある花園神社は様々な行事が執り行われ、一年中賑わっている神社です。

花園神社ではどんど焼きではなく、昔から「湯の花神事」や「湯花祭」と呼ばれています。

ここでは缶がいくつか設置されており、その中で正月飾りを燃やしていきます。

この火で沸かした湯を神様にお供えし、同じお湯で作った甘酒が来場者に振舞われます。

小規模ながらも毎年続けてくれているのはありがたいですね。

日時:2020年1月8日(水)11:00~

場所:花園神社(東京都新宿区新宿5-17-3)

アクセス:

東京メトロ丸の内線・副都心線・都営新宿線「新宿三丁目駅」E2 出口すぐ

JR小田急線・京王線「新宿駅」東口から徒歩7分

駐車場なし(近隣にコインパーキングあり)

大國魂神社(府中市)

100年以上昔から続く大きな神社で「くらやみ祭り」が有名な大國魂神社。

大國魂神社では2018年と割と最近からどんど焼きを始めました。

近年住宅地の増加で燃やせる場所が少なくなり、神社で実施してくれるようになったようです。

日時:2020年1月15日 11:00~

場所:大國魂神社(東京都府中市宮町3丁目1)

アクセス:

京王線「府中駅南口」から徒歩5分

JR南武線・武蔵野線「府中本町駅」から徒歩5分

屋台情報はこちらに↓
くらやみ祭り2020の屋台情報!おすすめグルメや混雑状況について

くらやみ祭りはこれからの時期なので、気になった方はぜひ行ってみてくださいね!

小山内裏公園(町田市)

約5000人の人々が訪れる規模の大きいどんど焼きとなっています。

竹と木を組んで作られたやぐらの表面に、焚き上げる正月飾りなどが取りつけられます。

一気に燃え上がると30分ほどで火が落ち着き、そこで無病息災を願うまゆ玉団子が焼かれます。

お囃子や和太鼓の演奏もあり、大にぎわいの一日となっています。

どんど焼きに参加するときの注意点!焼けるもの、焼けないもの

どんど焼きではお正月飾りとして飾っていたものを家から持ち寄ってお焚き上げしてもらうのですが、

焼いていいのかいけないのか?

線引きが難しいものがあると思います。

地域によって差はありますが、一般的に焼けるものと焼けないものについてまとめてみました。

どんど焼きで焼けるもの

・松飾り

・しめ縄

・書き初め

・破魔矢

・お守り

・お札

お守りやお札は納め所がある所はそちらに出した方がいいかもしれません。

神社によって変わるので尋ねてみてください。

どんど焼きで焼けないもの

焼けないものは基本的に「神事に関係のないもの」「燃やすと有害物質を発するもの」です。

・年賀状

・ポチ袋

・お年賀の品

はNGとなります。

中でも「だるま」は焼くと目が潰れるからダメという地域と、

縁起物だからいいという地域もあります。

迷ったときには事前に開催場所に尋ねてみるのが安全ですね。

 

Sponsored Link

どんど焼きに参加するときに注意すること

どんど焼きに参加する際のみなさんの疑問をまとめたので参考にご覧ください。

正月飾りをはずすタイミングはいつ?

東京では1月7日に正月飾りを片付けるのが一般的な風習です。

現在の暦では7日までは松の内と呼ぶので、

松飾りを外すタイミングは6日の深夜または7日の早朝とされています。

東京都内のどんど焼きは8日以降に開催される地域が多いので、

それまでに飾りを外しておくとよいでしょう。

参加するときの注意点は?

どんど焼きの高く舞い上がる炎で、火の粉が周りに飛び散ることがあります。

万が一に備えて燃えにくい服装でお出かけしてくださいね。

小さいお子さんは火に近づきすぎないように注意してください。

自分が住んでいる地域じゃなくても行っていいの?燃やしてもらえる?

自分の地域ではなくても行っていいですが、

別の神社で買ったお守りは預かれないという神社は多いです。

お守りやお札を持って行く際は予め確認してから行くようにしましょう。

見るだけでも意味があるの?

どんど焼きで焼くものがなくても、ぜひ見に行ってみてください!

どんど焼きの火にあたり、煙を浴びるとその年は無病息災で過ごせるとも言われています。

また、寒くて外に出たくないというお子様とお出かけするチャンスでもあります。

日本の伝統行事を自分の目で見て感じてほしいものです。

地域の方々との交流にもなりますしね!

プラスチックや金属など、燃えないものは外した後どうするの?

お正月飾りについているプラスチックや金属類は必ず外して持っていくようにしてください!

燃やした後の煙で環境汚染を引き起こしてしまいます。

外した後のプラスチックや金属類は、地域のゴミのルールにしたがってご家庭で処分してください。

Sponsored Link

どんど焼きに行けない時の対処法

どうしてもどんど焼きの日にお正月飾りを持って行けない!

なんてこともありますよね。

次の年まで持ちこしたり、誰かに代わりに持って行ってもらったりしなくても大丈夫です!

どんど焼きに行けない時はどうすればよいか、

2つの方法をご紹介します。

自分で処分する

家で正月飾りを処分する場合は、

正月飾りをしっかりと清めてから普通ごみとして出します。

門松や松飾りなどを半紙の上に置き、塩を振って感謝の気持ちを込めてお祈りをしましょう。

その後は地域のごみのルールに合わせてごみに出してください。

お清めの後自分で燃やす方法もありますが、

イオキシンや近隣への配慮もあるので、焼かない処理の仕方がいいでしょう。

近くのお寺や神社に持っていく

自分では処理ができないという方はお寺や神社に持っていきましょう。

どんど焼きの日ではなくても、

「古札納め所」といって神社の境内で回収するところがありますので、そこに納めることが出来ます。

初詣の期間中でも受け付けているところが多いです。

その際、別のお寺や神社のお守りを持って行っていいかは、

了承を得たうえで出すようにしてください。

お正月飾りもOKな寺社もありますので、事前に確認して持っていくようにしてくださいね。

Sponsored Link

まとめ

東京都内のどんど焼きが出来るスポットをご紹介してきました。

都内では煙の問題や環境保全の観点から規制が厳しくなっており、

どんど焼きができる場所も限られています。

日本の伝統文化としても体験しておきたい貴重な場ですね。

焼いていいものダメなものなどの注意点を参考にしていただき、

どんど焼きで一年間の無病息災を願いましょう!

 

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です