マスクがない!家にあるもので代用する方法と代わりの効果的な対策

   

新型肺炎コロナウイルスが世界中で流行が拡大しています。

その予防策の一つとしてマスクの着用が注目されていますが、

現在使い捨てマスクはどのお店でも品薄状態。

肺炎の感染を恐れてマスクの買占めが起こっているというのです!

メルカリなどでは100円のマスクが高値で転売される事態に。

予防もですが、自分がウイルスを撒き散らさないためにもマスクはしておきたいですよね。

今の季節インフルエンザへの感染の可能性も十分ありますし、もうすぐしたら花粉が飛び始めます。

花粉症の人からするとマスクがないなんて一大事です。

正直、まだ日本の医学により感染がそこまで広まっていない新型肺炎よりも、

毎年絶対にやってくる花粉の方が恐怖です。

そんなわけで、店頭にマスクが売っていないからマスクをしないというわけにはいかず、

なんとかしてマスクの代用が出来ないか調べてみました。

同じようにマスクがない時の代用方が知りたい方はぜひ参考にされてくださいね!

Sponsored Link

マスク代わりに行ってるアイディアの例

深刻なマスク不足の今、世の人々はマスクがない状況を、

どのように乗り切っているのか調べてみました。

こちらは中国、みかんやキウイといった果物の皮をマスクの代用にする方も現れています。

自分の咳やくしゃみは遮断されそうですが呼吸は苦しくないのでしょうか?

こちらも中国ですが、女性用の生理ナプキンとペットボトルで代用されています。

ナプキンは確かに肌に優しい素材ですが、

ウイルスが防げるかどうかの医学的根拠はありません。

ペットボトルは周りのウイルスをシャットアウトしてくれそうですよね。

オムツは通気性はいいものウイルスをブロックはしないですよね。

このように、普段ならマスクの代わりにしようと、

考えつかないようなものまで代用してしまう事態なので、

特に中国でのマスク不足は深刻です。

そのマスク不足の波が日本にも押し寄せて来ているので、人ごとではありません。

マスクの代用方法を知っておくと、

いざという時に役立つでしょう!

Sponsored Link

マスクがない!家にあるもので代用する方法は?

中国では色々な方法が試されていますが、

他にはどのようなもので代用ができるのでしょうか?

いくつか例を挙げているのでぜひ参考にしてくださいね。

ハンカチ・タオルなど布で作る

この方のツイートではハンカチを使ったマスクの作り方が記載されています

有益な情報でありがたいですね。

少し大きめのハンカチがあればすぐに作れてしまいます。

マスクのようにウイルスをブロックする効果はないですが、

何もしないよりは予防になりますし、自分の咳を撒き散らす心配もありません。

柄も自分好みのものが選べるのでいいですよね。

手ぬぐい

100円ショップで色々な柄が売られている手ぬぐいを用いたマスク。

生地が丈夫なので洗って再利用することが出来ますよね。

小さいお子様がつけているのもよく見かけます。

こちらもウイルスは通すのですが、布製なので保湿性と吸湿性に優れており

のどを潤すことが出来ます。

風邪の予防にはもってこいの素材のマスクだと言えるでしょう。

ティッシュ

いまや生活必需品のティッシュですが、

戦時中は軍用マスクのフィルターとして重宝されていたようです。

空気は通すのに埃などの粉じんは通さないという性能がちょうどいいものだったのです。

ということはティッシュは立派なマスクの代用品になるということですね。

 

〈作り方〉

①ティッシュをじゃばらに折る。(2,3枚重ねると強度が増します。)

②両端に輪ゴムを巻き込むようにしてホッチキスでとめる。

たったこれだけです。

花粉はブロック!保湿性も高いです。

コーヒーフィルター

コーヒーフィルターと出汁パックを使ったマスクです。

コーヒーフィルターの形が市販の使い捨てマスクと似ていて見た目は遜色ないですね!

出汁パックの素材も不織布なので市販のマスクと変わりません。

効果についての詳しい説明はありませんが、

こちらも保湿性や花粉のブッロクには優れていると思います。

コーヒーフィルターも出汁パックも数十枚セットで売ってあるので、

一度買っておけばいくつも作れていいですね。

ナプキン・オムツ

こちらはさきほどのツイートでみましたが、

中国の方がマスクの代用として使われていましたね。

確かに保湿性、吸湿性には優れている素材ですが医学的な効果についてはわかりません。

人目を気にする日本人が外出先で、

ナプキンやオムツをマスクの代用にするのは現実的ではない気がします。

キッチンペーパー

キッチンペーパーはさきほど紹介したティッシュの、強度が高いバージョンと言えるでしょう。

硬い素材のため折りやすいと思います。

災害時にも使えるということなので、花粉は防いでくれるのではないでしょうか。

使い捨て出来るのでいつでも新しいものが使えて衛生的です。

マフラー・ネックウォーマー

家に使えそうな物が何もない!

緊急を擁している方は、マフラーやネックウォーマーといった衣類で代用しましょう。

口元から鼻まですっぽりと覆ってしまってください。

ウイルスが入ってきやすい口や鼻を守ることで予防になりますよ。

外から帰ってきたら洗濯をするか、除菌をするかで衛生面には気を付けてくださいね。

Sponsored Link

使い捨てマスクの煮沸消毒・アルコール消毒で再利用はできる?

一般的な消毒方法で、使い捨てマスクの再利用は出来るのでしょうか?

答えはノーです。

煮ることによってマスクの構造が破壊され防護効果は低下し、

もともと水や唾液などが浸透しにくい素材のマスクなのでアルコールを振っても中には届きません。

貴重な使い捨てマスクですが、再利用することは避けたほうがよさそうです。

Sponsored Link

マスクがなくても大丈夫!代わりになる効果的な対策

ウイルスや花粉をブロックするのはいまやマスクだけではありません!

マスク以外の効果的な対策についてご紹介します。

見えないマスク!顔にスプレー!

顔にスプレーを吹きかけるだけで、ウイルスやPM2.5、

浩様でシャットアウトしてくれるスプレーが続々と発売されています。

アルコールフリーなのでお子様にも使えますし、マスクの息苦しさが苦手という方にもおすすめです。

接客業でマスクが付けられないという方も使用されている方が多いようです。

【アレルシャット 花粉 イオンでブロック】

フマキラー アレルシャット花粉イオンでブロック160回分(434033)

顔にスプレーをすることでPM2.5、花粉などを吸着したり、反発させたりします。

そうして目、鼻、口から体の中に小さな粒子を入りにくくしています。

首に掛けるマスク

二酸化塩素発生剤の入ったカードを首からぶら下げておくだけで、

目に見えないウイルス・細菌・ニオイを除去してくれるという優れモノ。

価格は1000円以下で効果は2か月も続くそうです。

毎日使うことを考えるとコスパがいいですね。

【クロニタス ウイルス除去・除菌・消臭 首かけマスク】

二酸化塩素の力でウイルス・細菌・ニオイを除去する首かけのタイプです。

インフルエンザにもかからず花粉症もかなり楽になったという口コミ多数!

空気清浄機

小さなお子様がいるご家庭では、

家族の衣類に付着したウイルスが家の中に持ち込まれることを心配されることもあると思います。

おうちの中の除菌には空気清浄機や除菌機能付きの加湿器が効果的です。

家の中では空間全体を清浄しておきましょう。

【SHARP 加湿空気清浄機】

シャープ プラズマクラスター 加湿空気清浄機 KC-H50-W ホワイト系

プラズマクラスターが搭載されており、花粉などの微小な粒子などが付着するのを抑制します。

たっぷりの加湿で部屋の乾燥を防ぎ、のどを潤してくれます。

一日中加湿し続けても電気代はたったの4円です。

Sponsored Link

赤ちゃんのマスクについて

抵抗力が弱く、風邪を引きやすい赤ちゃんのマスクの使用はどうすればいいのでしょうか。

市販のマスクを見ても対象年齢は1歳半~と書いてあるものがほとんどです。

それ以下の年齢の赤ちゃんはマスクをすると窒息などの可能性があるため、

マスクの着用は推奨されていません。

ですので、赤ちゃんにマスクを付けるというよりは、

周りの大人がしっかりと予防をしたり、

周りの環境を清潔に保つことで、

赤ちゃんにウイルスが移らないようにしたりして気を付けてください。

Sponsored Link

まとめ

日本でもマスク不足が深刻になっています。

特に感染症が流行っている時期や花粉が飛ぶ時期はマスクがないと不安になりますが、

慌てずに出来るところから始めていきましょう。

ハンカチやティッシュといった身の回りにあるもので応急対策が出来るので、

店頭にマスクが並ぶまでは自分で対策をして待つことになりそうですね。

今回の記事を参考に、マスク不足を乗り切りましょう!

Sponsored Link

 



 - 生活