幼稚園の運動会に持っていって良かったグッズ!実際の体験談と快適に過ごすポイント

   

待ちに待った我が子の運動会シーズンが到来!

短い幼稚園生活での大切な行事、家族みんなで一日を笑顔で過ごしたいですよね。

でも考えれば考えるほど、一体なにが必要なのかがわからない…

また、当日に「あ〜これ持ってくればよかった…失敗した…」

と後悔もしたくないですよね!

そこで今回は、先輩ママの経験をもとに、幼稚園運動会に持っていって良かった

マストアイテムについてまとめてみました!

Sponsored Link

運動会にアレ持っていけば良かった…筆者の体験談と先輩ママたちの感想

筆者の娘の運動会は毎年10月だったのですが、

初めての年少の運動会は残暑が厳しく気温も日差しも真夏のようなお天気でした。

夏ではないしと帽子さえかぶって行かなかった為、ずっと手で日差しよけをしているような状態に。

季節はずれに照りつける太陽がツラく、

子供たちに手を振る自分の顔はなんだかずっとしかめっ面・・・笑

そして日除けになる木陰も少なかったため、大量の荷物は午前中ずーっとお日さまの下。

お弁当のおかずが傷んでしまわないかハラハラして過ごしました。

「帽子とクーラーボック的なの持ってくればよかった・・・」

さらに、その他にも幼稚園運動会で起こりがちな想定外の出来事はこちら!

・春の運動会のはずが風が冷たく凍えるようだった。

午後になっても暖かくなることはなく、ビデオカメラを持つ手が震えっぱなしに。

当日の予想気温を念入りに確認するべきだったと後悔。

「ブランケット持ってくればよかった・・・」

子供たちが走りやすいように幼稚園の園庭は土がかたい!

砂ぼこりがたちづらいのは良いけれど、

レジャーシートを敷いてもコンクリートのような感触だった。

「お尻が痛いから、柔らかいものがあった方がよかった・・・」

・雨が降らなければ強風でも運動会はもちろん決行!

シートに置いたお弁当に砂利や砂ぼこりが入ってしまうので、

みんなで持ち上げながら食べることに…

「小さい机みたいなのあった方がよかった・・・」

このような失敗談は、本当によく起こる幼稚園運動会のあるある。

一日を快適に過ごしてもらえるように、

実際に使ってアタリだったオススメの運動会グッズをご紹介します!

Sponsored Link

幼稚園の運動会に持っていって良かったアイテム!基本編

筆者がいくつものアイテムを試してたどり着いた、コンパクト重視のグッズの数々をご紹介します。

娘の運動会で三年間使用しましたが、まだまだ使えるので小学校でも使います!笑

底冷え対策と暑さ対策はしっかりと!予想気温で決めたいマストアイテム

【15度~20度】

太陽がでていないとひんやり肌寒く感じそう。

特に運動して汗をかいたあとの子供はお弁当時間に冷えてしまう可能性が!

子供には替えのインナー、重ね履きの靴下を。

観戦するパパママには、一緒に使える大判ブランケットがあると安心ですね!

お手頃価格のアイテムを選ぶことで、

お外で使っても気兼ねなく洗えるのが嬉しいですよね。

【25度~30度】

一日中外にいるとぐったりしてしまうくらい暑い可能性が。

太陽がでていなくても紫外線は強いので、ツバのついた帽子はマスト!

THE NORTH FACE(ノースフェイス)アウトドアゴアテックスハット(ユニセックス) GORE−TEX Hat 帽子 防水 ハット アウトドア 野外フェス トレッキングNN41912K

最近はアウトドアブランドが大流行しているので、種類もかなり豊富ですよね。

日傘やサングラスは、子供の競技場所に集まる際に差し支えがない雰囲気かどうか、

少し注意が必要かも。

運動をして戻ってきた子供には、ひんやりグッズが好評です♪

お尻が痛い!長時間座っていても快適なアイテム

ふんわり感覚で心地良い。

クッション性が魅力の、まるめて運べるレジャーシートです。

我が家は何度か使ったらお洗濯をしていますが、劣化せずに使えています。

椅子を置けるスペースがあれば、折りたたみチェアは疲れ知らずの最強アイテム!

スマートに収納できて持ち運びが楽なタイプが断然オススメです。

かなりコンパクトに収納できるので、何個か持参しても邪魔にならないのもポイントです。

食中毒が心配!炎天下の下でも食品を安全に保てるアイテム

サンドイッチや麺類のメインを入れるなら大容量がオススメ

大人数の飲み物をペットボトルで持って行く場合は保冷剤も多くなるので、

マチのスペースが広いものが使いやすいですよね。

ゼリーや果物など、デザートを入れるならこちらのミニトート。

人気のブランドでデザインも可愛いので普段の公園使いにもぴったりです。

風が強くても大丈夫!ランチタイムが過ごしやすくなるアイテム

くるりとまとめてコンパクトに。

人数に合わせて複数使いもできちゃう気軽さがうれしいアイテム!

我が家は二個使いしています。

必要なアイテムが揃ったら、お次はいよいよレイアウト!

幼稚園によって大きくわかれる、

スペースの問題も気になりますよね!

テントっている?使用できるの?今どきの幼稚園事情

筆者の子供が通っていた幼稚園では、運動会のテント使用は出来ませんでした。

小学校の校庭と比べて幼稚園の園庭は小さめなことが多いので、

周りの保護者への配慮も悩めるところですよね。

その場合は事前にプリントなどで禁止事項のお知らせがあることが一般的な気がしますが、

幼稚園の場合はホールや教室を開放し、貸し出しを行っているケースも多いです。

事前受付をしている場合もあるため、早めに確認することができればより安心ですね!

テントNGの幼稚園だった場合の代用アイテムはある?

テントの使用ができなくても、パラソルがついた折りたたみチェアも便利です。

日差しの強い時間帯だけでもあると心強いかもしれないですね!

ここまで用意するだけでも一苦労ですが、気持ちと時間に余裕があれば、

あると嬉しいプラスαグッズもいくつかご紹介します!

Sponsored Link

番外編!運動会をより快適に!みんなの笑顔を増やせるアイディアまとめ

では、次にこんなのあったら良いな!というアイディアグッズをご紹介!

子供のために用意できるグッズは?

運動会の主役はやっぱり我が子!

とびきり良い思い出をつくってもらいたいですよね。

ちょっとしたアクシデントも多い運動会だからこそ、

子供の笑顔を欠かさないためのアシストグッズも用意しておきたいところ!

可愛い絆創膏やティッシュ

転んでも元気づけられる!

好きなキャラクターの絆創膏をこっそり用意しておくと何かと安心ですね♪

予備の体操着や靴下

午前中で頑張ったから、午後からまたリフレッシュ。

汚れた時用の替えの靴下はいざという時に使えます!

交換用のお菓子

もはや運動会のメイン!?

交換タイムに必須のお菓子は、たくさんの個装菓子を大きな袋にまとめてあげると

みんなに選んでもらいやすいみたいです。

持っていないお菓子を見つけてもらえると、お友達もとびきりの笑顔に♪

自分用のお菓子袋

たくさんあげたらたくさんもらうので、もらう時用の袋も忘れずに。

別々の袋に分けておくと、

もらったお菓子を間違えてあげてしまうのを防げるみたいです。

子供に知らせておけるアイテム

競技中に私を探して我が子がキョロキョロ…

そうならない為に、少し見つけやすいアイテムを身に着けてあげるのも良いかも。

ただ、華美にならない程度の線引きも大切ですね。

来てくれたじいじばあばのために用意できるグッズは?

普段の幼稚園生活をなかなか見る機会のないおじいちゃんおばあちゃん。

せっかく招待したのなら、やっぱり快適に過ごしてもらいたい!

さりげなく用意できる、ささやかな気遣いグッズをご紹介します。

姿勢を楽にできるクッション

長時間慣れない場所に座るのは、腰や背中を痛めてしまいそう。

背中や腰の間に挟めるクッションを用意してあげると良いかも。

ただ、それだとわざわざ感がでてしまう時は、厚手のバスタオルで代用できます。

運動会のプログラム

孫がいつ競技にでるのかソワソワさせてしまわないように、

プログラムのコピーを事前に渡してあげるのも良いです。

自分のものなら気兼ねなく確認できて、雰囲気も味わってもらいやすいですね!

成長を感じてもらえるプレゼント

さらに待ち時間を退屈させないために、

前年度の運動会の写真や一年前の写真などを

この機会に渡すのもオススメです。

こんなに大きくなったのか~と、お話のネタにもなって助かるかも?

好みのお茶やコーヒー

同じ場所にずっといることが多いので、専用の飲み物も忘れずに。

温かいお茶などを飲んでゆったり観戦していてもらえると、

忙しく動くこちらの気も楽に!

Sponsored Link

まとめ

毎日の家事をこなしながらの行事の準備は本当に時間との戦い・・・

だからこそ無駄なくシンプルに、必要なものだけを揃えたいですよね。

当日を快適に過ごすポイントをおさえて

家族みんなが笑顔になる運動会を迎えられますように!

Sponsored Link

 



 - イベント