口内炎ができない人の共通点はこれ!できる人と差にビックリな理由とは

   

痛〜い口内炎。

何をするにも痛くて泣きたくなりますよね。

こんなツライ思いはもう二度と御免!

え?口内炎にならない人がいる??

そうなんです!

自分よりだらしない生活をしていそうな人でも、

口内炎になったことがないと聞くとびっくりしますよね。

何が違うのか?

今回は口内炎にならない人について堀さげてみました!

まずは、口内炎ができる理由をみていき、

次に口内炎ができない人の特徴をみていきます!

Sponsored Link

口内炎はなぜ出来るの?

口内炎ができる理由はいくつかあります。

大きく分けて3つあります。

①免疫力の低下

②傷などの外的要因

③ウイルス感染

そして口内炎には種類があります。

口内炎にも種類がある

口内炎は口腔内やその周辺に起こる炎症の総称です。

【アフタ性口内炎】

1番多いのがこのアフタ性口内炎です。

円形又は楕円形の白っぽい潰瘍が特徴です。

原因は、疲れストレス、睡眠不足、栄養不足、生活バランスの乱れによる免疫力の低下です。

唇や舌、頬粘膜や扁桃腺付近に出来やすいです。

口内炎ができない人の共通点はこれ!できる人と差はなんなのか?

 

【カタル性口内炎】

カタル性口内炎は口腔粘膜が赤く腫れたり、赤いブツブツになったりする特徴があります。

原因は子供であれば、不衛生な手や指を口の中に入れるために起こります。

大人なら入れ歯や強制器具で口の中が傷ついたり、火傷によって粘膜が傷ついたりするためです。

虫歯など口腔内の不衛生も発症の原因となります。

口腔内のどこでもなる可能性が有ります。

 

口内炎ができない人の共通点はこれ!できる人と差はなんなのか?

 

【ウイルス性口内炎】

ウイルス性口内炎には主に、ヘルペス性とカンジダ性があります。

ヘルペス性の特徴は、38〜40℃の高熱が出て、小さな潰瘍が複数できます。

原因は単純ヘルペスウイルスというウイルスが感染したことによります。

舌や唇や歯茎だけでなく、唇に外側やのでに近い粘膜などの広い範囲に現れる可能性があります。

一方カンジダ性の特徴は、口内全体に白い半纏模様ができ、赤くただれます。

原因はカンジダ菌などの真菌(カビ)です。

カンジダ菌は常在菌の一種で、普段から口の中にありますが、

免疫力の低下などによりカンジダ菌が増殖してしまことが原因です。

 

口内炎の原因はわかりましたが、口内炎ができない人の理由が知りたいですよね!

Sponsored Link

口内炎が全然できない人の共通点

よく、「規則正しい生活」とか「ストレスフリーな生活」が免疫力を上げると言われますが、

実際には不摂生な生活をしている人でも口内炎にならない人は存在します。

その、共通点をまとめてみました!

イケメン又は、良い声の人

動物行動学や進化論の分野では、ルックスの良さは免疫力の高さを示している。

引用:https://ddnavi.com/review/497284/a/

免疫力が高いと口内炎といった、身体の不調も表れずらくなります。

イケメンがモテるのは、異性の立場から本脳で免疫力の高さを見抜いているからなんですね!

そして、声の良い人は、体格が左右対称である傾向が強いです。

小さい頃に病気しがちな人だと発育に偏りが生じるので、

ルックスが良い人は小さい頃から丈夫で免疫力が高いということになります。

ジャニーズにはイケメンで良い声の人ばっかりいるので、免疫力も高い人が大勢いるんですね!

ちなみに明石家さんまさんも、「風邪を引かない人」として有名ですが・・・

イケメンって不公平だ!!笑

口内炎ができない人の共通点はこれ!できる人と差はなんなのか?

口腔内の常在菌のバランスが良い人

人間には生命と健康を維持するために無数の細菌がいます。

口の中にもそういった常在菌がいますが、だいたい3歳までに常在菌の状態が決まります。

3歳までに虫歯菌に多くさらされる環境で育った場合(虫歯を持つ親から口移しや食器の共有など)

一生、虫歯菌が優勢な状態になりかねません。

しかし、反対に常在菌のバランスが良い人は、

歯磨きをしっかりしていなくても虫歯になりにくいということになります。

虫歯がなければ、差し歯や入れ歯を入れる必要がないので、それらによる損傷もなくなりますよね!

 

ただ、このほかにも体質が大きく関係しています!

Sponsored Link

口内炎ができる人とできない人の違い

もともと粘膜が弱い体質だったり、歯並びが悪くて、しっかり歯磨きしていても磨き残しができる。

そして、虫歯や被せ物をしなければならなくなると言った、遺伝や体質の問題もあります。

筆者も歯のエナメル質が薄いので虫歯になりやすい体質です。

またストレスも免疫力を低下させる要因の1です。

ストレスに強い人と弱い人というのは、受け手の考え方によるところが大きいです。

例えば上司に注意されたという現実を「評価がさがるかも」と捉える人はストレスに弱く、

「期待されているから頑張ろう」と捉える人はストレスに強いとされています。

思考の違いでメンタルをコントロールすれば、

口内炎などの身体の不調を抑えられるかもしれませんね!

では、口内炎をできにくくするのはどうすれば良いのでしょうか?

Sponsored Link

口内炎をできにくくする対策

まず、免疫力を高めるには、

・バランスの良い食事

・質の高い睡眠

・ストレスを溜め込まない

ことが基本です。

それに加えて、適度な運動は体全体の新陳代謝を高めます。

また運動がストレス発散になる人もいるでしょう。

あなたなりの気分転換を取り入れて、メンタル面も健康になる事を心がけると良いです!

口内炎ができない人の共通点はこれ!できる人と差はなんなのか?

出来やすい人は、+‪αでするといいこと!

もしそれでも不安がある時は、

口内炎をできにくくする歯磨き粉ビタミン剤サプリメントなどで予防対策を強化する方法もあります。

口内炎ができやすい人は、なんでもやらないよりはやった方が良さそうですね!

天然由来の柿タンニンが抗酸化力に優れ、口内炎の予防に役立つそうです。

そして、ビタミンCは全身の抵抗力を高めてバランスを整えるので、口内炎の予防にも役立ちます。

他にも鉄や亜鉛などのミネラルも不足すると口内炎の引き金となりえますので、積極的に摂取するといいでしょう。

柿にはこのあたりの栄養も含まれるので牡って美味しいい良さそうですね!

色々と試して見るのが良いかもしれません!

 

生まれつき口内炎にならない人となる人がいるのは驚きですね!

それ以外にも日々の努力の積み重ねで、予防することは可能ですので、

気を落とさず前向きに生きていきましょう!

Sponsored Link



 - 生活