お風呂の蓋がいらない判断基準!保温効果や掃除の面からどっちが得なのか

お風呂の蓋って当たり前のように使っている方も多いのではないでしょうか。

今では賃貸で部屋を借りるとついてくるところも多いようで、

それだけ「必需品」となりつつあるということでしょうか…

でも、お風呂の蓋がついていない場合などわざわざ買うのもな〜

と思いますよね!

さらに、掃除もめんどくさいし・・・

ですが!結論から言うと私は「使っていません」!!

正確には「使わないことのほうがほとんど」です。

きっと私のように蓋を撤去してしまったり片付けてしまったりした人も多いはず…

では実際に、お風呂の蓋はいる?いらない?

メリット、デメリットなどからもそれぞれ調べてみました。

最後に、必要な人、いらない人の判断基準についてもまとめていますので、

お風呂の蓋をなくすかどうか迷っている方、ぜひ参考にしてくださいね!

Sponsored Link

お風呂の蓋はいる?いらない?

まずはお風呂の蓋が必要な人とそうでない人の意見を調べてみました。 

必要な人の意見

・お風呂にあとに入る人は追い炊きをする時間が長くなるから蓋をかけておいてほしい

・蓋をしないと浴室が水滴だらけになってカビの原因になってしまう

・朝も湯船に浸かりたいから少しでも保温しておく

・蓋を台にして本を読んだり携帯をいじったりするので必要

・今まで使っていたから使うのが当たり前になっている

 

こうやって聞くと蓋がないと困ることもあるんだ、と思いますね。

では反対に不要な人はどう思っているのでしょうか。

 

お風呂の蓋はいる?いらない?の判断基準!保温効果や掃除の面からどっちが得なのか

 

不要な人の意見

・とにかく邪魔

・全員同時間帯に湯船に浸かるので蓋で保温する必要がない

・蓋の掃除が面倒

・蓋があると子供たちが乗ったりして危ない

 

なるほど…こちらもこちらで納得の意見が出てきました。

では意見がわかったところで、実際に蓋がない場合のメリット・デメリットを見てみましょう。

Sponsored Link

お風呂のふたがない場合のメリット・デメリット

次は、お風呂の蓋が必要かどうかではなく、

お風呂の蓋がない場合のメリット・デメリットでみていきます!

まず挙げてみると、

【メリット】

・蓋の掃除がない

・場所を取らない

・子供が危なくない

【デメリット】

・お風呂場全体の掃除が大変

・保温効果がない=光熱費がかかる

これらが考えられますが、さらに細かくみていきましょう!

 

お風呂の蓋がいらない判断基準!保温効果や掃除の面からどっちが得なのか

 

お風呂の蓋がない メリット

①蓋の掃除がない

蓋はそのままにしておくとすぐカビになってしまいますよね。

水滴もつきやすく、ボコボコしてるとなおさら掃除もしにくいです・・・

しかも大きく、重いため、蓋の掃除自体がないことでだいぶ楽になるようです。

 

②場所をとらない

大きいので立てかけておくタイプでも丸めておくタイプでも、

かなり場所をとってしまいますよね。

蓋があるだけで圧迫感も出てしまいますが、

これがなくなれば相当開放感がありそうです。

 

③子供に危なくない

ぶつけたり上に乗ったり…ないと絶対そんなことしないのに、

蓋があることで何かをしようとしてしまうのが子供。

実際に、私も「子供がよじ登ろうとしているのを見て蓋をやめた」というのもあります。

その時まだ子供は3歳。

3歳でも十分上り降りは出来るし、

蓋を使って遊び始めてしまうんですよね(想像力がすごすぎる)

 

ではデメリットにはどんなものがあるでしょうか。

 

お風呂の蓋がいらない判断基準!保温効果や掃除の面からどっちが得なのか

 

お風呂の蓋がない デメリット

①お風呂場全体に掃除が大変

水滴が浴室中についてカビの原因に

蓋の掃除がなくなったのは良いですが、

逆に、浴室全体に水滴がついてしまいます!

これがアカやカビの原因に。

さらに天井についた水滴をとるのは大変です!

蓋の掃除よりも時間がかかってしまいますよね・・・

 

②保温ができない=光熱費がかかる

蓋の大きな役割のひとつとして、

「浴槽のお湯の温度を下げにくくする」というのがあります。

家族まとまった時間に入れればいいものの、なかなか難しいですよね。

次の人が入るときに蓋をしめていないと冷めきってしまって再度沸かすのにも時間がかかります。

そして時間がかかるということは、それだけ光熱費もかかるということ。

それがほぼ毎日ともなれば光熱費はかなりかさむことになってしまいます。

ちなみに元ガスマンという方のお話によれば

それとお風呂のふたは、保温効果が案外大きく、

たとえば4時間おいといて追い炊きする時

ふたを閉めていた場合、ガス代は9.5円ですみますが、ふたをしてない場合は

16.7円もかかってきます。

引用:https://realestate.yahoo.co.jp/knowledge/chiebukuro/detail/1333919363/

こんなにも違うということがわかりました。

また、実際に本効果のさがあるのか試してみました!

 

お風呂の蓋はいる?いらない?の判断基準!保温効果や掃除の面からどっちが得なのか

 

お風呂の蓋の有無による保温効果の違い

我が家で先に子供たちと私がお風呂に入ります。

その後主人がお風呂に入るのが3時間あと。

このシチュエーションで試したところ・・・

 

蓋あり:まだ温かく追い炊きもシャワーを浴びている間に終わったのですぐ入浴できた

蓋なし:とても入れる温度ではなく(ほぼ水状態)で、追い炊きも15分ほどかかった。

 

もちろん気温などいろんな状況が影響してくるとは思いますが、

明らかな違いがでました!

もし、1~3時間で次の人が入るのならば蓋をしたほうが、

追い焚きをする光熱費はかなり安く済むことでしょう。

 

なんだか、メリットよりもデメリットの方が目立つような気もしてきました・・・

ただ、まだまだ判断するのはまってください!!

これらのデメリットを解決する方法を考えてみました!

Sponsored Link

お風呂の蓋がない場合のデメリット解決策

デメリットは2つありました。

・水滴が浴室中についてカビの原因に

・保温ができない=光熱費がかかる

つまりは費用と掃除、ということですね!

 

これを解決する方法としては

・全員が入ったら浴槽の水を抜き、すぐに換気する

・家族が同じ時間帯、もしくは近い時間帯でお風呂に入る

 

私もそうですが、「お風呂の残り湯をつかっている」という人もいるはず。

そういう人は浴槽の残り湯を残しておきたいですよね。

その場合は「夜のうちに洗濯をしちゃう」という手もあるようです。

 

でも、家族が近い時間帯でお風呂に入るのが難しいし・・・

という場合はお風呂の蓋の代わりとなるアイテムアイディアがあります!

これを最後のまとめで紹介しますね!

次は、ここまで皆さんの意見やメリット、デメリットについてみてきましたが、

結局お風呂の蓋が必要な人・必要でない人はという判断基準についてまとめてみました!

Sponsored Link

お風呂の蓋がいらない!判断基準とどっちが得か?

メリットデメリット、どちらも理解できますけど、

どっちにすれば良いのか判断基準をいくつか挙げておきます。 

蓋がいる人

・家族間で入る時間がバラバラ

・浴室のカビなどが気になる

・光熱費を安くおさえたい

・残り湯を次の日の朝使いたい

こういった人は蓋があったほうが良いと思います!

お風呂の蓋がいらない判断基準!保温効果や掃除の面からどっちが得なのか

蓋がいらない人

・蓋が邪魔で圧迫感を感じている

・家族間での時間が空きすぎていて、どちらにしても追い炊きが必要になる

・子供が小さくで蓋に危険性を感じるひと

・夜のうちに残り湯で洗濯する

 

こういった人は蓋がなくても大丈夫だと思います!

ただ、「いらない人」もやっぱりデメリットが気になりますよね・・・

そこで、最後に「アイディア」や「お風呂の蓋代わりになる物」、

お風呂の蓋はいらないと決めた人にも「捨て方」をご紹介します!!

 

Sponsored Link

お風呂のふたはいらない?まとめ

冒頭にお伝えしたように、私は蓋を使っていません。

「子供も小さく、邪魔だし、蓋自体が重くて腱鞘炎持ちの私には蓋の掃除がとても苦痛だから」です。

これらの理由は私だからであり、

みなさんにはみなさんの生活スタイルがありますよね。

中には実際に蓋をなくしてみて生活してみると意外と大丈夫だな」と思う人も多いようですよ。

ただ、私も年末年始など、数日続けて主人と同じ時間帯でお風呂に入れるときは蓋を使っています。

こういうように、普段はしまって置いて、必要な時だけ使うのも良いと思います!

ただ、お風呂の蓋をしまって置く場所もない・・・という方に

お風呂のふたの代わりはこれ!保温効果と掃除面からコスパで選んだ商品とは

もっと、簡単に使える物をこちらの記事でまとめています! 

また、お風呂のふたをいらないと判断した人

【タイプ別】お風呂の蓋の捨て方!処分やリサイクルする方法まとめ

自分の生活に合わせて使い分けてみてくださいね!

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です