「おちょやん」のキャスト(出演者)は?俳優(女優)と役柄一覧まとめ

女優・杉咲花さん(22)がヒロインを務める2020年度後期連続テレビ小説

「おちょやん」(9月28日~2021年3月放送予定)の追加キャストが

NHKより正式に発表されました!

いや~待ってました!

って感じですね!

さっそくこの記事では、

発表されたキャスト陣一覧を確認していきたいと思います!

Sponsored Link

 

NHK朝ドラ「おちょやん」のキャスト(出演者)一覧!俳優(女優)と役柄一覧!

NHK朝ドラ「おちょやん」のキャストは以下

簡単な役柄とともにご紹介します!

杉咲花(ヒロイン・竹井千代役)

役柄:女優の道を生き抜き、「大阪のお母さん」と呼ばれるようにまでなった女性。

大阪の南河内の貧しい家に生まれた少女が、奉公に出ていた道頓堀で芝居のすばらしさに魅了され、女優の道を目指す。

成田凌(喜劇界のプリンス・天海一平役)

役柄:人気喜劇一座の座長、天海天海の息子。幼い頃から子役としていやいや役者を演じる。

しかし、やがて自分が目指す新しい喜劇を作ることに目覚めていく。

井川遥(千代の憧れの女優・高城百合子役)

役柄:千代が憧れ続けるスター女優。

芸術のために自由な人生を突き進む彼女の姿に、千代は大きな影響を受ける。

トータス松本(千代の父・竹井テルヲ役)

役柄:鶏の世話や家事も娘の千代にまかせっきりの駄目な父親。

見えっ張りだが気が弱く、世渡り下手。しかし口だけは達者で女性にはモテる。

宮澤エマ(千代の新しい母・竹井栗子役)

役柄:父、テルヲが連れてきた、千代の新しい母親。

美人で粋な性格だが、寝坊癖が強く、家事もしない。

篠原涼子(芝居茶屋の女将・岡田シズ役)

役柄:仕事には大変厳しいが、芝居の街「道頓堀」を深く愛している。

物語が進むにつれ、千代にとってもう一人の母親といえる存在となっていく。

名倉潤(芝居茶屋の主人・岡田宗助役)

役柄:シズに一目ぼれし、婿養子として岡田家に入ったため、シズには頭が上がらない。

性格はやさしくて温和。

いしのようこ(ライバル芝居茶屋の女将・富川菊役)

役柄:老舗の芝居茶屋「福富」の女将。

のれん分けした紙芝居茶屋のシズとはライバル関係にあり、ことあるごとに張り合っている。

星田英利(喜劇界のアドリブ王・須賀廼家千之助役)

役柄:とっぴな行動で周囲を振り回す破天荒な男。

日本で一番面白いのは自分であるとの自負している。

中村鴈治郎(上方演劇界のドン・大山鶴蔵役)

役柄:道頓堀の芝居小屋を一手に牛耳る、鶴亀株式会社の社長。

女優の道を歩んでいく千代の転機に大きく関わりのある人物。

若村麻由美(千代の最初の師匠・山村千鳥役)

役柄:役者の世界に飛び込んだ千代にとって最初の師匠となる存在。

わがままでクセの強い性格だが、芝居への情熱は凄まじい。

Sponsored Link

NHK朝ドラ「おちょやん」のキャスト(出演者)に対するみんなの反応

「おちょやん」のキャストについて、

みんなの声をみてみましょう!

やっぱこのキャストはテンション上がりますよね!

今から放送が楽しみです!

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です