不要不急な外出の意味はどこからどこまでを控える?コロナで北海道に緊急事態宣言

新型コロナウイルスの影響により、政府が北海道に要請して、

2月28日から3月19日までの期間

「不要不急の外出を控えるよう」

という緊急事態宣言が出されました!

ただ、この「不要不急」ってどこからどこまでまでのことをいうのか?

これは、とても微妙な部分もありますね!

意見とともに考えてみたいと思います。

また、今回の北海道の緊急事態宣言に対する反応もまとめています!

Sponsored Link

不要不急な外出の意味はどこからどこまでを控える?北海道に緊急事態宣言

まず、「不要不急」の言葉の意味は、

・重要でなく、急ぎでないこと(Weblio辞典)

ということです。

「不要不急の外出を控えるよう」

重要で急用でなければ控える

ということですね。

もちろん、「一歩も外に出るな!」ということではないです。

どこからどこまでの範囲?

鈴木知事は、

「みなさんご自身と大切な人の命と健康を守るため、極めて重要なこの週末は外出を控えるように心からご配慮いただきたい」

とおっしゃています!

今週末が、重要ということですね!

 

不要不急がどこまでの範囲で皆考えているのか一部だと思いますが、みていきましょう!

・病院も控えている人が多い

 

病院での感染のリスクを考えて、病院自体を控えている人もいます!

もちろん、病院に行かないといけない人もいますが、

普段よりも多少のことなら病院を控えている人が多いのかもしれません。

 

・イベントやテーマパーク、レジャー施設などの遊び

イベントやライブ、ディズニー、USJなども中止や臨時休園しています!

動物園水族館も臨時休園しているところも多くなってきました。

観光地もガラガラなので、旅行やレジャーを控える人も多くなってます。

また、北海道では特のこの29日、30日の週末、

飲食店やスポーツジムなど人が集まる場所を控えるように呼びかけているようです!

 

緊急事態宣言があっても、

細かい、どこからどこまでを不要不急とするのかはあくまでの個人の判断ですからね。

どう、判断するのか意見や価値観は色々あると思います・・・

「生活に支障がなければ外出は控える」と考えられますが、

仕事は簡単に休めない人もいます。

また、難しいのは買い物ですね。

「買いだめ」の品薄が問題となっていますが、

外出を控えるためにと考えると、買いだめする人も多くなるのかなと考えられますね。

ただ、転売や異常に買いだめするのはどうかと・・・

そのうち、東京でも感染が増えてくれば緊急事態宣言が出される可能性も考えれます。

その時は、どうなるのでしょうか・・・

どんな時でも、冷静で落ち着いた行動と判断が求められます!

 

この世の中「不要不急」の物で成り立っているとも考えられますので、

「不要不急はどこからどこまで」かの判断は難しいところですが、

ただ、終息させたいという思いは皆一緒だと思うので、

そこに向けてできる限りの協力して行くしかないですね!

次は、今回の、緊急事態宣言の反応についてもみていきましょう!

 

Sponsored Link

「不要不急な外出を控える」北海道に緊急事態宣言の反応

今回の、北海道の緊急事態宣言では、

鈴木知事のリーダシップ、行動力、責任感を称える声が多いです!

・よく思い切って言い出しました

・北海道の行政は頑張ってる

・道民の命を守る

・こういう人が国のリーダーシップを取ってもらいたい。

・良い悪いはあれ、決断力が早くていい

などと、北海道の対応に称賛する声が多くみられました!

また、外出を控えたいけど・・・

・バイトで毎日出てます。

・仕事は簡単には休めない

・生活のためには買い物に行かないと

などという声もあり、もちろん外出せざるおえない人もいます!

ただ、普段よりも少しでも外出が減れば多少はは違うかもしれないので、協力しあうしかないですね!

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です