リュックにおすすめの防水スプレーは?素材別の選び方や使い方を解説

「雨に濡れてお気に入りのリュックがびしょびしょ><。」

という経験ありませんか?

ちょっとしたお出かけや旅行まで便利なアイテムですが、

なにぶん背中に担ぐので濡れやすいんです。

傘をさしてもリュックがはみ出ちゃうし……。

濡れると生地が傷みやすいばかりでなく、中の物も濡れちゃって困りますよね´д` ;

そんな時に使いたいのが防水スプレー。

でも防水スプレーって色々種類があるし、

素材によってどれを選べばいいかわからない。

ただ吹きかけるだけじゃダメ?効果的な使い方は?

そこで今回は、リュックに使う防水スプレーについて調べてみました。

Sponsored Link

防水スプレーの種類

防水スプレーの種類は主に

・フッ素系

・シリコン系

に分けられます。

フッ素系

フッ素系は、繊維を優しくコーティングすることで防水・撥水性を発揮します。

通湿性も優れていてるので、

一般的に売られている防水スプレーの多くは、フッ素系です。

シリコン系

一方シリコン系は、フッ素系よりも防水・撥水性は強いですが、

通湿性が乏しく蒸れる心配が。

そのためマリンスポーツウェアやレインコートなど、

蒸れが気にならないものに使われる傾向があります。

実は、100均にも防水スプレーが売られているんです。

口コミでは「濡れた感じがしない」と評判も上々ですが、

防水もしくは撥水のみの効果しかない場合があります。

購入する時はパッケージに「撥水効果あり」

「水をよく弾く」などの表記があるものを購入してください。

ちなみに防水は生地に水を通さない、撥水は水を弾くようにする特徴があり、

どちらかのみだと多少濡れた感じになってしまう恐れがあります。

Sponsored Link

リュックの防水スプレーの選び方!

リュックの防水スプレーは、素材によって選び方を変えます。

シリコン系は撥水効果が強力ですが、生地によっては使えない場合があるためです。

次から素材別で詳しくご紹介します。

素材別

では、素材別でご紹介したいと思います!

ナイロン、ポリエステル、ノースフェイス

薄手の生地は防水スプレーでシミになりやすいので、フッ素系がおすすめ。

シリコン系よりも撥水力に劣りますが、素材の柔軟性を損なうこともありません。

ただし、強力に水を弾きたい時は、シリコン系を使ってみるのも一つの方法。

シミになるリスクは僅かにありますが、

基本的には用途に合わせてフッ素、シリコンどちらを選んでもOK。

合皮

合皮はシミになりやすいため、防水スプレーに向かない素材です。

フッ素、シリコン系どちらを選んでも、

最初は部分的に試しがけしたほうが良いでしょう。

ビニール

ビニール製品は元々、素材自体に防水効果があります。

またビニールは防水スプレーに含まれるアルコールに弱く、

風合いを損なう危険があるので、スプレーの使用は推奨されていません。

ナイロン・ポリエステル・ノースフェイス

フッ素系シリコン系どちらの防水スプレーの使用も基本的にOK。

合皮素材は場合によっては使用可、ビニールはNGでした。

とは言っても、合皮に防水スプレーを使うのは心配ですよね。

でも、そんな合皮でも使えるおすすめな防水スプレーがあったんです。

数少ない合皮素材にも使える商品です。

防水スプレーの中でも人気が高く、

水だけでなく汚れも防いでくれるオールマイティーな存在。

勿論、ナイロンを始めとする他の素材にも使用できますよ♪

使い方別

通常の外出時や小雨の時なら、フッ素系の防水スプレーで十分。

シリコン系より撥水効果は弱いと言っても、

小雨程度ならリュックの中が濡れるのを防いでくれるので、

通気性の良いフッ素系を使います。

登山の場合にはシリコン系がおすすめ。

自然の中だと予期せぬ大雨に見舞われることがあるので、

リュックの中身を守るため、強力な撥水性の防水スプレーが必要となってきます。

Sponsored Link

リュックの防水スプレーの正しい使い方と注意点

では、防水スプレーの正しい使い方と注意点を見ていきましょう。

どうしたら防水効果をより発揮できるんでしょうか?

使い方

リュックの防水スプレーの正しい使い方は、

①買ってすぐにスプレー(汚れやゴミがあれば拭き取る)

②20~30cm離して全体を湿らせるようにかける

③換気の良い場所で20分以上程度乾かす

スプレーの種類によっては8時間くらい乾かすものもあるので、

説明書きをよく読んでくださいね。

注意点

防水スプレーの効果時間は、約2週間です。

しかし、リュックなど摩擦の大きいものはもっと効果時間が短いことが想定されます。

スプレーをかけた日から、1週間経過した頃の塗り直しがオススメ!

また、雨で濡れてしまった場合は効果が薄まっていますので、

濡れたらその都度かけなおしましょう。

Sponsored Link

まとめ

リュックの防水スプレーは、素材によって向き不向きがあります。

自分が持っているリュックは、どんなスプレーなら使えるかな?

と確認してみてくださいね。

正しく使えばもし濡れてしまっても、

水が生地に染みこむことなく中身が濡れてしまう心配もなくなりますね。

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です