新しい生活様式はいつまでの期間?コロナ収束後も続く?

緊急事態宣言が5月31日まで延長すると発表されましたが

時を同じくして、「新しい生活様式」というコロナ対策案が浮上してきましたね。

感染症への対策が長丁場となることを踏まえ、感染拡大防止と社会経済活動の両立を図るための対策案とのことですが…。

こちら、ほとんど賛成の声が聞こえてこない対策内容となっております。

仮に「新しい生活様式」が本格的に実施された場合

どれくらいの期間が設けてられているのでしょうか。

まさかコロナ収束後も…なんてこともあるのでしょうか。

Sponsored Link

新しい生活様式はいつまでの期間?コロナ収束後も続く?

 

まず「新しい生活様式」がいつまで続くのかについて調べてみましたが

現在出回っている各ニュースサイトの記事やメディア映像、SNS等を確認してみましたが

どこにも新しい生活様式の終了期間についての報道はありませんでした。

 

緊急事態宣言が5月31日まで延長されましたが、

単純に考えるのであればそれを目処に…と言えそうですが

この緊急事態宣言自体が更に延長されるのではと予想する意見も見受けられます。

 

新しい生活様式はもとより、緊急事態宣言についても5月31日までという確証が得られない状況です。

ですので、緊急事態宣言の終了とともに新しい生活様式案も終わるとしても

それが確実に5月いっぱいとなるのかどうか…非常に怪しいところです。

 

「新しい生活様式」という言葉を聞くと、この先ずっと定着するようにも受け取れますよね。

けど、感染拡大を防ぐための新しい生活様式の提言…とのことなので

さすがにコロナ収束後も続くことはないとは思いますが。。

Sponsored Link

「新生活様式」に対する世間の声

そもそもの「新しい生活様式」の内容自体に肯定的な意見はほとんど…

とういうかほぼ見当たらないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナウイルス感染拡大対策のためとは言え

ここまで具体的に提示されてしまうと息苦しさを感じるという声が多く見受けられました。

仮にこの「新しい生活様式」がこの先ずっと続くとなると営業自体が出来なくなるお店も出てくるのでは…という声も。

あとは、そんなことより補償を…という声も。

Sponsored Link

新しい生活様式いつまでの期間?コロナ収束後も続く?まとめ

新しい生活様式…とは言っても、コロナウイルスが収束の見通しがたち、

緊急事態宣言が解かれるまでの限定的なものかと思います。

 

長引く自粛の中で、緊急事態宣言の延長。

そして新しい生活様式の対策案の提言。

国民の不安やイラ立ちが募る一方ですね。

最近では陽性とわかっているのに帰省がどうのとか

いろいろな問題点が次から次へと浮上してきますが…

一体この先どうなってしまうのでしょうか。

少しでも不安が取り除かれる状況になるのが望ましいのですが…。

Sponsored Link

 

1 個のコメント

  • なべさん より:

    専門家会議はコロナとの闘いは長丁場になるという文脈で新しい生活様式を提言している。したがいこの生活様式はおそらくワクチンが開発されかつそれが広く国民に接種されるまでと理解すべきでしょう。更にコロナウィルスが変異を繰り返すとすれば感染予防の為には新生活様式は未来永劫となる可能性もあり得ます。とすれば今回の専門家会議の提言は実質的に事業形態として三密が避けられない事業や社会活動への間接的な廃業・廃止勧告といえます。安部首相は専門家の意見に盲従する事なく国民の社会・経済活動の息の根を止めないで頂きたい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です