鯉のぼりが怖い人の共通点は?大きさや目が苦手と感じる理由

   

端午の節句になると、鯉のぼりをあちらこちらで見かけます。

鯉のぼりは、男児が誕生し、親が子供を思う気持ちが込められていて、

「この子を守って下さい!」と守護を願って目印にしたものです。

しかし、その鯉のぼりが怖い、苦手、気持ち悪い、飾らないでー!などと思う人もいます。

大丈夫!苦手なのは、あなただけではないのです。

では、何が怖いのか?他の人はどのような悩みがあるの?

私との共通点はあるのかな?まとめてみました。

Sponsored Link

鯉のぼりが怖いと感じる人の声

鯉のぼりを怖いと感じる人は、なぜ怖いと感じるのでしょうか?

私は鯉のぼりを怖いとは思ったことはありませんが、

怖いと思っている人や、苦手だと思っている人は多いようです。

私の知人も「鯉のぼりが苦手で・・・」と前に話していたのを思い出します。

他にもこんなTwitterを見かけました!

怖い人にとっては、端午の節句は外に出たくなくなりますね(^^;

しかも、地域によっては何週間も前から飾るところもありますし・・・

至る所にあるから、ビクビクしながら生活しないといけませんね´д` ;

大人は怖いと思う人も多いけど、子供はどうなんだろうと思いますよね?

子供も同様、怖い、苦手と思う子もいるようです。

それは、あることが関係していたんです!

そのあることとは?次で説明していきます。

Sponsored Link

鯉のぼりが怖い人の共通点!きっかけやトラウマは関係してる?

鯉のぼりが怖い人の共通点やきっかけは何か?をみていきましょう。

共通点で多かったのは、

鯉のぼりはもちろん、大きな旗、漁師さんの大漁旗、

プールなどで使うシャチやイルカの浮き袋、

大きな建造物、大きな魚の絵、大きな風車、

大型トラック、水族館の大きな水槽、

間近でみる飛行機、などを怖がるという共通点がありました。

大きな何か、大きくて動くもの、大きい魚などに恐怖を感じている人が多いようです。

それは、もしかしたら「巨像恐怖症」かもしれません。

大きなものに恐怖を感じて、動悸、息切れ、不安、発狂、気持ち悪くなったりします。

想像力が豊かな人に多い恐怖症のようで、

トラウマやきっかけなどは、あまりないことも共通点です。

もう一つの原因の一つは、遺伝子のようです。

つまり本能で警戒心をもっているということになります。

ただ、はっきりと原因がわかっている訳ではなく、

もう一つの原因には、幼少期のトラウマもあるのでは?とも言われています。

鯉のぼりが怖い人は、なぜ怖いと感じるのかを合わせて見てみましょう!

Sponsored Link

鯉のぼりの大きさや目が怖いと感じる理由

鯉のぼりが怖い人は、巨像恐怖症であることが多いようです。

・大きく揺れているのが怖い。

・大きな目や口が気持ち悪い。

・鱗が気持ち悪い。

・いつもみられているようで、怖い。

など恐怖を感じているようです。

魚が苦手な人も多いようですね!

怖いと感じるのは、大人も子供も同様のようです。

では、その恐怖や苦手なのは克服できるのでしょうか?

恐怖に思ってる人は、克服したいですよね。

果たして出来るのかどうかを調べてみました。

Sponsored Link

鯉のぼりの怖さは克服出来る?

結論から言いますと、克服することは可能です。

ただ、短期間に一気に治すことは不可能ですが、

長期に渡って「怖くない」ということを体験して、

叙々になれていくしかないようです。

自分が思っている「不安」は実際には起こらないということを認識して、

安全であることを実体験して、克服することをオススメします。

しかし、人により症状は様々なので、専門医などに相談してから行うようにしてください。

Sponsored Link

まとめ

鯉のぼりを怖いと思っているのは、あなただけではありません!

1人じゃないので安心してくださいね。

嫌いなもの、苦手なもの、怖いものがあって当然なんです。

ずっと変な病気なのではないかと、悩んだ方も多いと思いますが、

世の中には大勢、同じ思いをしている人はいます。

一人で考えず、まず相談をしてみてくださいね。

少しでも日常生活が素敵なものになりますように。

Sponsored Link

 



 - イベント