野菜ジュースを毎日飲むとどうなる?効果的な飲み方とおすすめラン キング

   

健康や美容のために、毎日たっぷり摂りたい野菜。

厚生労働省の推進する一日に摂りたい野菜の量は350gですが、

これを食事で毎日摂るのは、中々難しいですよね。

野菜ジュースを取り入れると、野菜をたっぷり摂れそうなイメージですし、

ダイエットにも良いと聞いたのですが…

野菜ジュースは無意味だという噂を聞いたこともあります。

どちらが正しいのでしょうか?

野菜ジュースのメリットとデメリットについて詳しく調べてみました。

また、効果的な飲み方や、オススメの野菜ジュースをランキングでご紹介します!

Sponsored Link

野菜ジュースの栄養について

野菜ジュースは、野菜の栄養がそのまま全部入っているわけではないようで、

製造過程で、搾汁したり加熱したりされますから、その分、失われる栄養素もあるとのこと。

ですが、逆に体内に吸収しやすくなる栄養成分もあるのだそうです!

野菜ジュースに含まれる栄養素とは?

野菜ジュースは、各メーカー・ブランドによって少し差がありますが、

主に以下の様な栄養成分が含まれています。

● 鉄分
● カリウム
● カルシウム
● マグネシウム
● 食物繊維
● ビタミンA
● ビタミンE
● ビタミンK
● 葉酸
● リコピン
● βカロテン

このうち、例えば鉄分と葉酸に特化したもの、高リコピンを謳うものなど、

色々な種類が市場には並んでいます。

パッケージに栄養成分量が記載されていますので、

欲しい成分に着目して購入するのが良いかもしれませんね!

野菜ジュースになることで失われる成分とは?

野菜の栄養素としてイメージの強い、ビタミンCと食物繊維は、

残念ながら野菜ジュースにはあまり含まれていないそうです。

そのため、「野菜ジュースの効果はない」などの説が一時期出回った様です。

なぜ失われてしまうかというと、ビタミンCが熱に弱く、

不溶性食物繊維は搾りかすとして、製造過程で取り除かれるからです。

ですが、ジュースの加熱処理は殺菌のためにも必ず必要ですし、

搾りかすの入ったジュースは飲みづらいですから、

ここはしょうがないところかと思います。

市販の野菜ジュースは、安全性も飲みやすさも大事な条件ですからね!

また、ビタミンCを製造工程で添加して、

ビタミンCを多く含ませた商品も市場にはあります。

野菜ジュースになることで吸収しやすくなる成分は?

ズバリ、リコピンとβカロテンです。

ジュースにすると格段に吸収率がアップするそうです。

参照:https://www.kagome.co.jp/campaign/honto/nutrition/

また、鉄分、カルシウム、カリウムなどのミネラルは、

製造工程で変化しにくい栄養素だそうです。

これらは、野菜ジュースから手軽に摂取するという考えもありですよね!

そんな野菜ジュースを毎日飲んだらどんな効果が期待できるのか、気になりますよね?

続いて調べてみました。

Sponsored Link

野菜ジュースを毎日飲むとどうなる?

野菜ジュースを毎日飲むと、体にはどんな変化があるのでしょうか。

体験談を調べてみました。

「ニキビが治った」

「指先が手荒れが改善した」

「ざらつきがなくなった」

などの声がありました。

ただし、効果は緩やかだそうで、「そういえば…」というような感覚だそう。

野菜ジュースに含まれる特定の栄養素によってというよりも、

栄養バランスが整ったというのが一番大きいのかもしれませんね。

体重

「痩せた!」という声がある一方で、「太った」という声もありました。

痩せたという人は、便通が改善したり、

間食にタピオカやジュースの代わりに、

野菜ジュースを摂るなどの食の改善が背景にあるようです。

反対に太ったという人は、野菜ジュースの飲みすぎの様でした。

これについては、また後述したいと思います。

その他の効果

目を引いたのは「風邪を引きにくくなった」という声でした。

やはり、栄養バランスが整ったことが大きいのではないしょうか。

野菜ジュースだけでその日分の野菜(栄養)は本当にまかなえる?

野菜ジュースだけで、その日の分の野菜の栄養は賄えるかというと、それはNO!です。

前述したとおり、ビタミンCや食物繊維があまり含まれていないこともあり、

あくまでもサポートとして、食事に取り入れてバランスよくが大事です。

例えば下図のように、牛丼に野菜ジュースを足すと、偏りが改善されるのが良く分かります!

参照:https://www.kagome.co.jp/campaign/honto/nutrition/

でも、ビタミンCは全然足りないですよね。

やはり、そこはサラダなども次の食事で取り入れるなどして補うようにしましょう!

次に野菜ジュースを飲みすぎてしまった場合は、

どうなのか見ていきたいと思います。

Sponsored Link

野菜ジュースを飲みすぎることにより考えられるデメリット

先ほどの効果の所に「太った」という声がありましたが、

野菜ジュースには飲みやすくするために、

多くの糖分が加えられている物があります。

カロリーも意外と高い物もありますし、

ダイエット中に空腹を満たすために多量に飲むなんていうのは、逆効果ですね。

太るだけでなく、糖尿病のリスクもありますよ!

また、塩分も含むため、飲みすぎはやはり健康に良くないですね。

その他にも、野菜の代わりに野菜ジュースのみを飲んでいると噛む機会が減り、

顔の筋力、アゴの力を弱めてしまう懸念があるそうです。

これは、顔のたるみや二重あごなど、美容的にもデメリットが大きい点です。

ただし、適量飲む分には健康的な野菜ジュース。

効果的な飲み方について、次項でまとめていきます。

Sponsored Link

結局、野菜ジュースを毎日飲んでも大丈夫?効果的な飲み方とは

野菜ジュースの最も効果的な飲み方は、

「毎朝、食事の最初に飲む。一日紙パックの物を1本、もしくはコップ一杯」だそうです。

効果的な時間帯は?

これは、朝。

野菜ジュースには野菜や果物由来の糖類が含まれますが、

少量の糖類を朝摂ることで党の代謝が良くなり、血糖値の急上昇を妨げます。

朝に摂っておくことで、昼食時の血糖値が上がりにくくなる「セカンドミール効果」もあるとか。

また良く言われている「朝のフルーツは金」の言葉通り、

フルーツや野菜ジュースに含まれる果糖はエネルギーとして変換されやすいため、

一日の活動の初めに摂っておくことで効率的に脳が動いてくれます!

逆に夜に摂ると、この果糖が使用されないまま脂肪に置き換わってしまうので注意が必要です。

効果的なタイミングは?

ベジタブルファーストという言葉も、最近よく聞きますよね!

食事の最初に野菜(ベジタブル)を取ると、血糖値の上昇が緩やかになります。

血糖値が急上昇する、いわゆる血糖値スパイクは健康に良くない他、

脂肪の蓄積の原因となりますので、

ダイエットのためにも、野菜ジュースファーストで血糖値の緩やかな上昇を狙いましょう♪

適量とは?

ズバリ、一日一杯。

紙パックなら一本、コップなら一杯ですよ!

それ以上は、太る原因となってしまいます。

とはいえ、毎日飲まなきゃいけないことも、

一日一杯以上飲んだら絶対にダメという事もありません。

何事もバランスが大事で、野菜ジュースはあくまでも補助的な物だと考えると良いと思います。

また野菜ジュースでは食物繊維やビタミンCの摂取があまり期待できないので、

朝は野菜ジュース、昼、夜に、根菜やスープ、

サラダなどで食物繊維を補うと丁度良いかもしれませんね。

飲み方が分かったところで、毎日飲めるオススメな野菜ジュースは何か、調べてみましょう!

Sponsored Link

毎日飲んで健康に!オススメ野菜ジュースランキングはこちら。

一口に野菜ジュースといっても、たくさんの種類がお店には並んでいますよね!

選び方のポイントや、人気の野菜ジュースについて調べてみました。

市販の野菜ジュースを選ぶポイントは?

野菜ジュースには、果物が一緒に入っている物も多くあります。

果物が入っている物の方が口当たりは良く、飲みやすいのですが…

健康、美容目的には、野菜の割合が高いほど効果が高くオススメです。

使われている野菜の数も多いほど、それだけ多彩な栄養素が含まれることになりますよ!

また、必ずチェックしておきたいのが、砂糖類の有無です。

パッケージに成分表が記載されていますので、砂糖類の項目に注目してみて下さい。

飲みやすく甘くするために使用されている事があります。

野菜ジュースの味が苦手な方は、砂糖が使用されている物よりも、

果物が足されている物を選ぶ方が自然の甘みで飲みやすいと思いますので、

そちらから始めても良いかもしれません。

手軽に毎日!市販のオススメジュースランキング

食品口コミサイト「もぐナビ」より、口コミ評価に基づいたオススメランキングです。

 

商品名

カロリー

特徴

1位

デルモンテ食塩無添加トマトジュース

42kcal/200ml

トマト100%、機能性表示食品(GABA)

2位

カゴメ野菜ジュース食塩無添加

31kcal/160ml

トマトを中心に11種類の野菜をミックス、機能性表示食品(GABA)

3位

伊藤園 充実野菜 トマトミックス

71kcal/200ml

トマトと3種の果実、フルーティーな味わい

4位

伊藤園 一日分の野菜

71kcal/200ml

厚生労働省が推奨する一日野菜摂取量350g分を使用した、野菜汁100%ジュース。人参ベースの味

5位

カゴメ野菜生活100 オリジナル

64kcal/200ml

コップ一杯に1食分の野菜120g分使用。野菜汁65%+果実汁35%。果実味が強く、野菜が苦手な人も飲みやすい。参照:https://mognavi.jp/yasai-juice/ranking/1

参照:https://mognavi.jp/yasai-juice/ranking/1

調べてみて驚いたことに、トマトベースがトップ3を独占していました!

やっぱりトマトジュースは人気なんですね。

野菜ジュースで野菜を取ることの一番の利点である、

リコピンやβカロテンが豊富なのも一つの理由かもしれません。

また、今回人気だった野菜ジュースのトップ5は、

全て砂糖類無添加で、カロリーが低い物でした。

やはり野菜ジュースを積極的に取り入れる方は気を付けているようですね!

目的別の野菜ジュースも!

野菜ジュースには、色々なニーズに合わせた商品もたくさんありましたので、調べてみました。

ニーズ

商品名

カロリー

特徴

貧血改善

カゴメ 野菜一日これ一本 超濃縮 鉄分&葉酸

64kcal/125ml

野菜の他に鉄分豊富なプルーンが入っている

カルシウム補給

カゴメ 野菜一日これ一本 超濃縮 カルシウム&マグネシウム

58kcal/125ml

ケールやプチヴェールなど野菜由来のカルシムがしっかりとれる

美肌

伊藤園 一日分のビタミン野菜

79kcal/200ml

野菜ジュースでは取りにくいビタミンCを1000㎎配合

便秘解消

伊藤園 一日分の不足を補うせんい野菜

88kcal/200ml

バナナ約6本分の食物繊維でサポート

ダイエット

カゴメ 糖質オフ野菜ジュース

22kcal/200ml

低糖質ダイエットに!

女性は貧血が気になる方が多いと思いますが、鉄分補給できるものもありましたよ♪

野菜ジュースで手軽に補給できるのは嬉しいですよね!

Sponsored Link

まとめ

健康、美容のためにも、毎日たくさん摂りたい野菜。

野菜ジュースで手軽に補給できることが分かりましたね!

あくまでもサポートとしてとの事でしたが、

上手に取り入れていきましょう!

Sponsored Link

 



 - 食べ物・飲み物