バターコーヒーがまずい!身近なものでおいしく作る方法やコツ

腹持ちが良くて、ダイエットにも効果的だと言われているバターコーヒー。

「コーヒーにバターを溶かすだけなんてお手軽♪」と思って、

かつての私はワクワクした気持ちで一口飲みました。

飲んですぐに思った事は、「ま、まずい……。」

あまりのまずさに全部飲み切ることが出来ませんでした。

バターコーヒーってこんな味なの?これじゃ毎日飲みたいと思えない!

でもよく調べてみると、バターコーヒーって本来まずい飲み物じゃないみたいなんです。

じゃあなんでこんなにまずいの?美味しい作り方は?

これからも飲み続けるために、今回はそんな疑問を調べてみました。

Sponsored Link

バターコーヒーがまずいと感じる理由は?

バターコーヒーがまずいと感じる理由は、正しい材料と作り方で作ってないこと。

バターコーヒーには本来、市販のバターは使いません。

「グラスフェッドバター」「MCTオイル」が必須です。

 

グラスフェッドバターは、牧草を食べて育てられた牛のミルクで出来るバター。

MCTオイルは、パームやココナッツの核から中鎖脂肪酸を取りだしたオイルのことです。

両方とも豊富な栄養を含んでいるので、健康志向の人から注目されています。

ただしこれらの材料は購入出来るお店が限られていて、

ネットなどで取り寄せないと手に入れる事が出来ません。

実際、私も買い物でグラスフェッドバターやMCTオイルは見たことがないですね~。

しかし、美味しいバターコーヒーに上記の材料は必須!

その上でブレンダーを使って、

ブラックコーヒーと攪拌させてクリーミーな泡が立ったら出来上がり。

正式なレシピで作ったバターコーヒーを「まずい」と感じる人はあまりいないようですが、

材料を手に入れるのも作るのもちょっと大変そうですよね……。

バターコーヒーは市販のバターを使うとダメ?

では、手軽に市販のバターを使って作るのはやっぱりダメなんでしょうか。

残念ながらスーパーでよく見かける、普通のバターでは効果も味も期待出来ません。

「バターコーヒーまずい!」って思う人の大半は、このパターン。

 

無塩ならまだしも、有塩バターを使うと塩気とコーヒーが混ざって、

もう二度と飲みたくないドリンクの出来上がり……。

ですから「バターコーヒーを続けたい!」って考える人は、

スーパーでよく見かける、北海道バターとかは使わないでおきましょう。

またもうひとつ、よく耳にするのがギーバターで代用したいという声です。

ギーの場合、グラスフェッドバターが原料になっている場合がほとんどですので、

こちらは問題ありません。

Sponsored Link

バターコーヒーを身近な物で美味しく作る方法&コツ

じゃあ、身近なもので作れない?わざわざ取り寄せないとダメ?

って方に、身近な物で美味しく作る方法とコツをお教えしますね。

グラスフェッドバターの代用品として使うのは、カカオバター&ココナッツオイル!

カカオバターは製菓コーナーや東急ハンズに、

ココナッツオイルはスーパーの調味料売り場にあります。

作り方は、カカオバター10gとココナッツオイル大さじ1をコーヒーに入れて、ミキサーで混ぜ完成。

クリーミーなバターコーヒーが出来上がります。

もう一つ「どうしてもバターで作りたい!」って方におすすめなのが、AOCバター。

こちらも実店舗で購入することが可能です。

作り方は同じで、AOCバター10gとココナッツオイル大さじ1をミキサーにかけるだけ。

代用品で作ったものですが、空腹感が紛れると評判です。

ただし、どちらも本来のバターコーヒーの効果にはやっぱり及びません。

最大限の効果を期待したい人は、やはり正式な材料を使うことをオススメします。

Sponsored Link

手軽に美味しいバターコーヒーを飲みたい人におすすめの商品

もっと手軽に美味しく、バターコーヒーを飲みたい人に朗報です!

スティックタイプや粉末パックで売られている商品があるんです!

・チャコールバターコーヒー

お湯だけでなく水に溶けるタイプで、10秒でバターコーヒーが楽しめます!

これで買いに行かず、取り寄せもしないで簡単に飲めますね!

・エブリディバターコーヒー

1杯当たり約40円というお得さが魅力!

パックタイプでいっぱい入っているので、何杯でも楽しめますね!

通販ならとても楽にバターコーヒーを楽しめちゃいます!

 

Sponsored Link

まとめ

飲む気がしない!と思っていたバターコーヒー。

でも本来のバターコーヒーって、決してまずいものじゃないんですよね。

ただ、材料を揃えたり、本格的に作ろうと思うとなかなか大変なのも事実。

そんな時は代用品を試してみたり、

インスタントを利用してみるのもアイデアだなと思いました。

ラクに作れるっていうのが、飲み続けるための秘訣かもしれませんね♪

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です