ココアは何歳から?子供への影響と安心して飲める方法を紹介

   

甘くて美味しいココアは栄養価が高く、

体に優しいイメージの飲み物です。

特に寒い季節、

子供に「暖かい飲み物をあげたいな」って時は、

ココアは必ず選択肢に入って来ます。

でも、よく考えるとカフェインが入ってるし、

小さい子には刺激が強いかなって一抹の不安が。

そもそも、ココアって何歳から飲めるんでしょうか?

安心してあげられる年齢が知りたい!

そこで今回は、

・ココアは何歳から?

・子供への気になる影響

・安心して飲める方法

について調べました。

Sponsored Link

ココアは何歳から(いつから)飲める?

ココアは何歳から飲めるのか、種類別に調べてみました。

森永ココアは何歳から?

森永ココア公式では、

1歳過ぎで離乳が進んでいる状態だったら

「飲み物として与えても良い」としています。

また1歳以下のフォローアップミルクを飲むようになった9ヶ月以上の赤ちゃんなら、

耳かき一杯程度をミルクに混ぜてOKとのこと。

参照:https://www.morinaga.co.jp/contact/faq/detail/38

セノビックココアは何歳から?

セノビックココアの公式サイトでは、

「牛乳が飲めるお子さまからお飲みいただけます」

と記載されていました。

厚生労働省が作成した「授乳・離乳の支援ガイド」には、

1歳以降に牛乳を与えるのが望ましいと書かれているので、

セノビックココアも1歳から可能ということになります。

参照:https://jp.rohto.com/senobic/faq/

 

Sponsored Link

ミロのココアは何歳から?

ミロのココアは離乳が完了する1歳半前後からOK。

ただし個人差があるため、

最初は牛乳150mlに対して、

スプーン1~1.5杯の量で様子を見るよう推奨されています。

参照:https://nestle.jp/brand/milo/qa/

まめぴよココアは何歳から?

まめぴよココアは1歳~1歳半から飲ませることが出来ます。

公式な情報はありませんが、

・元々子供向けの飲み物であること

・森永ココアは1歳から

・ミロは1歳半から

ということを考慮すると、

まめぴよココアも1歳以降あるいは1歳半以降なら安心だと思います。

ココアは何歳から?子供への影響と安心して飲める方法を紹介

スタバのココアは何歳から?

スタバのココアは濃いので、

2歳頃から飲ませるほうが安心です。

1歳のうちはまだ薄めのココアを飲むことが多いため、

濃い目のココアをあげるなら2歳以降にしましょう。

ココアのお菓子は何歳から?

ココアが入ったお菓子というと、

ココアクッキー・ムース・ケーキなどがあります。

これらのお菓子も少しづつ、

1歳半以降に与えるほうが望ましいです。

Sponsored Link

カフェインが心配!ココアの子供への影響について

ココアのカフェイン含有量は、

・ピュアココア1杯分……10mg

・ミルクココア1杯分……ごく微量

です。

せん茶のカフェイン量が1杯20mgなので、

意外とカフェインは含まれてないことが分かりますね。

じゃあそこまで心配しなくても大丈夫?って思いますが、

子供はカフェインへの感受性が強く注意が必要。

カフェインを過剰摂取すると興奮して眠れなくなったり、

落ち着きがなくなるといった様子があらわれます。

またもし、9ヶ月未満の赤ちゃんに続けて飲ませてしまった場合、

症状としてすぐに出ませんが、

脳の成長に影響が出る可能性もあるようです。

ココアは何歳から?子供への影響と安心して飲める方法を紹介

ココアはアレルギーや虫歯も心配?

ココアによるアレルギーの心配もあります。

どの食材でも起こる可能性がありますが、

ココアの場合多くのアレルギーと同様に

・蕁麻疹

・頭痛

・鼻血

・くしゃみ

などの症状が出ます。

またミルクココアでは、

糖質がたっぷりと含まれているので、

虫歯になる可能性も。

ココアを飲んだ後は、

予防のために口をゆすがせると良いと思います。

Sponsored Link

子供がココアを安心して飲める方法

1~3歳までの子は、

1日1杯までにしましょう。

ココアにカフェインは入っていないといっても、

微量は含まれています。

「4歳以下はカフェイン摂取が望ましくない」とされる意見もあるので、

大人が飲むココアより薄目に作ってあげると、より安心です。

といっても保育園のおやつにミルクココアが出ることが月2回くらいあので、

気にし過ぎるのも良くないのかなと思います。

子供に飲ませたいおすすめのココア

子供に飲ませたいおすすめのココアを紹介します。

・牛乳で飲むココア

カルシウム・ビタミンD・カルシウム・乳酸菌が入っている栄養機能食品です。

冷たい牛乳でも溶けやすいのがポイント!

簡単に作れて美味しいですよね!

・のびっこCBP

保存料・着色料無添加のココアです。

効率良く成長をサポートする8種類の栄養素入り。

・牛乳屋さんのミルクココア

ベビーフードで有名な和光堂から発売されています。

お湯だけでなく水にもさっと溶ける優れもの。

まとめ

ココアのカフェインはごく微量ですが、

小さな子にはやはり気をつけてあげたいですよね。

といっても気にし過ぎる必要はなく、

1歳を過ぎていれば飲み物として与えることも出来ます。

ココアをあげることが出来れば、

飲み物の選択肢も広がりますよね♪

ところで、

ココア保存方法やいつまで飲めるかって知ってますか?

ココアの賞味期限切れはもう飲めない?開封済みの粉末やスティックは要注意!

また、子供関連でこんな記事もありますので、

意外と知らない事実もありますよ!

あさりは何歳から食べてもいい?初めて食べる時の注意点やおすすめのメニューを紹介

バランスボールの寝かしつけで負担が軽減!赤ちゃん(0歳児)でも使えて効果はあるの?

適量を守って、

美味しいココアで子供を笑顔にさせてあげたいものです。♪( ´▽`)

Sponsored Link



 - 食べ物・飲み物