日焼け止めは外出の何分前が一番効果的?30分前に塗る真相について

今年は絶対!何がなんでも日焼けをしたくない!!白い肌を保っていたい!

と思っている方も多いのではないでしょうか?

私も、毎年毎年いかに焼けないかを考えています´д` ;

日焼けをしないために欠かせない必需アイテムはやはり「日焼け止め」。

ところで皆んさんは、日焼け止めをお出かけの前に塗りますか?

それともお化粧の時に一緒に塗っちゃいますか?

それとも時間がなくて出先で塗りますか?

ちなみに、私はお出かけの前に塗っていたんですが、

この、「日焼け止めを塗るタイミング」について、皆様はどうお考えですか?

「出かける15〜30分前に塗らなければ効果がない」って聞いたことありませんか?

実際のところどうなのでしょう?

そんな疑問を解決しましょう!

Sponsored Link

そもそも日焼け止め効果ってどういうこと?

ではまず、日焼け止めのメカニズムを学びましょう!

日焼け止めには2種類あります。

<紫外線吸収剤><紫外線散乱剤>です。

<紫外線吸収剤>

紫外線がお肌に浸透するのを防ぎます。

肌に降り注ぐ紫外線を吸収し、成分との間で化学反応が起きることによって、

熱エネルギーに変換させて、空気中に放出させます。

紫外線が「吸収剤」まででとどまることによって肌に浸透しない様に働いています。

<紫外線散乱剤>

紫外線がお肌に到達するのを防ぎます。

お肌の上に散乱剤成分を塗ることで、降り注いできた紫外線を跳ね返す、

反射させることによってお肌へ到達しない様に働いています。

参考:http://www.libatape.jp/store/column.html

「日焼け止めを塗って直後は効果がない」と言われている理由の一つは、

「肌に日焼け止め成分が浸透するまで時間がかかる」という理論です。

実際のところどうなのでしょうか?

Sponsored Link

日焼け止めを30分前に塗った方が良いのは嘘?

結論:根拠なしです。

そもそもの「日焼け止めを塗って直後は効果がない」や、「15〜30分前に塗る必要がある」

この説の理由としては、日焼け止めがお肌に浸透するまでに時間がかかる、ということだそうです。

ですが、日焼け止めのメカニズムは前述した通りです。

皮膚の表面に紫外線が肌に影響しない様に遮断するものを塗っているだけです。

ということは、肌に成分を浸透させる必要ってありますか?ないですよね。

もちろん、日焼け止めクリームが滴る様な状態ではよくないですが、

一般的な塗り方であれば塗ってほぼほぼすぐに効果は発揮される様です。

どうして「日焼け止めは塗って直後は効果がない」は広まったのか?

ではなぜこういった説が広まってしまったのでしょうか?

実は数年前、トリビア系の某TV番組で皮膚科の先生と言われる方が、

「日焼け止めが肌に浸透するまでに30分くらいかかるので、

出かける前に塗らないと意味がない」とおっしゃったそうです。

そこから広まったと考えられます。

参考:https://kakaku.com/tv/channel=10/programID=55208/episodeID=1167640/

ですが、日本で販売されている日焼け止めのメカニズムは先ほど説明した通りです。

肌に膜を張っているだけなので、浸透の必要性はないと考えられます。

 

この様に別の皮膚科の先生も反論されていますし、

実際、私が調べた中では、そういった論文なども特に見つかりませんでした。

とはいえ、何でもかんでも自由に塗ればいい、という訳でもありません。

日焼け止め効果を十分に引き出す使用方法をお伝えしたいと思います。

Sponsored Link

日焼け止めの効果的な選び方は?

まずは、目的別に「使い分け」が必要です。

たくさんの種類の日焼け止めがありますが、SPF・PA値について簡単に説明すると、

<SPF値>

Sun Protection Factor」の略です。

紫外線B波(UVB)を防ぐ効果の値です。

UVBは炎症を起こし、メラニン色素に働きかけ、シミや色素沈着を起こす原因になります。

SPF1=20〜25分間、日焼けをするのを送らせられる(日焼けをしない)ということになります。

ということは、

SPF30=20×30=600分=約10時間は効果がある、ということになります。

※これは塗った直後の状態が続いている前提での目安です。

汗や水などで流れたり、タオルで拭いたりすると効果は変わります。

<PA値>

Protection grade of UVA」の略です。

紫外線A波を防ぐ効果の値です。

UVAは波長が長いので肌の奥深く、真皮層まで到達します。

ハリや弾力を産むコラーゲンなどを作り出す細胞まで到達し、

傷つけてしてしまうことで、たるみやシワなどの原因になります。

「+」の数が増えれば増えるほどUVAを防ぐ効果が高いということになります。

こちらは時間に関係なく、数によって効果の高さが変わります。

<海・山・川・レジャーなど>

・SPF30以上、PA+++以上のものを選ぶ

・2〜3時間ごとなど、こまめに塗り直す(水に濡れたりしたらその都度)

・ウォータープルーフのものを選ぶ

<普段使い>

・SPF10〜30、PA++くらいの、強すぎないものを選ぶ。

・ノンケミカルなど、肌に優しいものを使う

・塗り直しをきちんとする

こういった様に、数値が高ければ良い、という訳ではありませんので、

お出かけする際のシチュエーションや時間帯などを考えて選ぶと良いでしょう。

Sponsored Link

日焼け止めのタイプ別、特徴と注意点は?

一言で「日焼け止め」と言っても、色々な種類がありますよね!

何が良くて何が自分に合わないのか・・・

日焼け止めの特徴やシチュエーションによっても、

使う日焼け止めって変わってくるんですよ!

<クリームタイプ>

◯:油分が多く、保湿力が高い。乾燥肌の人に良い。

△:クレンジングが必要な場合が多い、均一に伸ばすのが難しい。

クリームタイプは、乾燥肌の方におすすめ!

しかし、しっかりと洗い流す必要があります!

<ミルク・ローションタイプ>

◯:低刺激なものが多く、敏感肌に向いている。伸びやすい。

△:UVカット効果は高くないものが多い。

ミルクタイプやローションタイプは、肌の弱い方におすすめです!

しかし、日焼けしやすい為、適度に塗り直したり、

日傘をさすなどして工夫する必要があります。

<ジェルタイプ>

◯:さらっとして伸びが良い。ベタつかない。

△:水や汗などに若干弱い。

ジェルタイプはさらっとしている為、夏の暑〜い日に塗ってもベタベタしないので、

気持ちよく1日を過ごせます!

しかし、汗に弱いのが若干のマイナスポイント・・・

塗り直しは頻繁に!

<スプレータイプ>

◯:手が届かないところにも吹きかけられる。髪用などもある。手が汚れない。

△:吹きかけるので塗りムラができやすい。乾燥しやすい。

乾燥肌の方にはあまりおすすめできませんが、

手が届かない背中などにも軽々シューッとできるので、

プールや海に行くなら一本あったら便利ですね(≧∀≦)

<パウダータイプ>

◯:お化粧直しに使える。手軽に塗り直しができる。

△:顔以外には向いていない

ポーラ カエナ UVパウダー【定形外対応 重量34g】

お顔に使えるパウダータイプ!

日焼け止めを顔に塗ると肌が荒れてしまう・・・

という方にはこちらがおすすめです!

負担が少なく、普通のパウダーとして使えます!

<シートタイプ>

◯:指の間や耳など、塗り残しや塗り直しに便利。手軽。

△:UVカット効果があまり高くない。

こちらの商品は元々、ゴルファー向けに作られた物です。

ゴルフは最も紫外線を浴びるスポーツで、

試合中にもサッと使えるようにと開発された物のようです!

汗を拭き取りながら紫外線カットの効果もあります!

持ち運びも便利で塗り直しもサッと手軽にできるのが良いですね!

いくつかの商品のメリットとデメリットを並べてみました。

ご自身の生活スタイルや、目的に合わせて組み合わせて使ってもらえるといいかと思います。

せっかくなら効果を最大限に発揮させて白い肌を保ちたいですよね!

続いて、せっかくの効果を半減させてしまう使い方についてみてみましょう!

Sponsored Link

日焼け止めの効果を半減させるやってはいけない事

それでは、絶対にやってはいけない塗り方をご紹介いたします!

適量塗らない

「適量塗る」これが一番重要といってもいいくらいなんです!!

その適量とはお顔だと、

「クリームタイプだとパール粒1つ分、液体タイプだと一円玉硬貨1枚分を2度塗る」

これが効果的に働く塗り方だと言われています!

結構多いですよね?

適量塗る、これがとても大切です!

もったいないから・・・とか

大丈夫だろう・・・

っていうのは、やってはいけません!笑

塗り忘れ

ついうっかり塗るのを忘れてしまう事ってありますよね><。

朝バタバタしていて外出先で「あ!」と気づくことも・・・

そんな塗り忘れが起きやすいのは以下の通りです!

 

・髪や頭皮

・耳

・唇

・手や足の甲

・首の後ろから背中にかけて

などです。

 

日々の積み重ねでお肌はダメージを受けていきますし、

レジャーで一日塗り忘れてしまうとそこだけ真っ赤になってしまいます><

塗り忘れない様にしっかりと確認しながら丁寧に塗りましょう!

塗り直さない

「朝しっかり塗ったから平気♪」

と思っているそこの貴女!!

それは大きな間違えですよ!

少しの外出であればまだしも、時間が長くなるのであれば塗り直しは必須です!!

汗や水で落ちたり、摩擦によって落ちたりします!

こまめに塗り直して効果を発揮させましょう!

塗り直しの目安はこちらの記事に詳しく書いてますので、ぜひご覧ください!

日焼け止めの効果は何時間持続する?塗り直すベストタイミングとは

日焼け止めの効果がどのくらい続くのかなども記載しています!

Sponsored Link

まとめ

「日焼け止めは家を出る30分前に塗らなくても良い」これが結論です。

適量をしっかり塗ること、細かく塗り直すことなど、

少し手間がかかってしまいますがこの少しの手間でお肌への負担は格段に少なくなります。

他にも、絶対焼きたくない方へのおすすめの記事がありますので、

ぜひご覧ください!

日傘は何色がおすすめ?絶対焼けたくない人の傘の選び方とは

日傘があれば日焼け止めはいらない?紫外線に効果的なのはどっちでベストな対策とは

ここ数十年の間でも紫外線指数も高くなっていますし、

綺麗な白い肌を保つためには、こちらも装備を整え、迎え撃たなくてはなりません!

日焼け止めや日傘などを上手に使って、この夏を乗り切りましょう٩( ᐛ )و

 

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です